52638MHW
 “超大型拡張コンテンツ”分だけで任ハード時代の買取保証分を超えるのは確実ですね。
スポンサーリンク


[カプコン: 超大型拡張コンテンツ『モンスターハンターワールド:アイスボーン』が全世界で400万本を突破! ~『モンスターハンター:ワールド』は1,500万本に到達、グローバルでのユーザーベースが着実に拡大~]

株式会社カプコンは、PlayStation®4、Xbox One注1およびPC向けゲーム『モンスターハンター:ワールド(以下ワールド)』の超大型拡張コンテンツ、『モンスターハンターワールド:アイスボーン』を全世界で400万本出荷注2しましたのでお知らせいたします。

「モンスターハンター」シリーズは、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲームです。2004年の第1作発売以来、ネットワークを介して「他のプレイヤーと協力して強大なモンスターに挑む」というプレイジャンルを確立し、シリーズ累計販売本数6,100万本(2020年1月15日現在)を誇る大ヒットシリーズに成長しています。2018年1月には『ワールド』を発売し、継続的なアップデートによる既存ユーザーの継続率振興に加え、ストーリークリアに役立つ武器や装備の無料配信を行い、離脱ユーザーの復帰促進や新規ユーザーの参入を後押ししたことで、当社史上最高の1,500万本を達成(2020年1月2日時点)するなど、今なお世界中でブランド価値を高めています。

注1 Xbox One版発売地域は北米・欧州のみ

注2 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』(ダウンロード版販売数)および『モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション』※(ディスク版出荷数とダウンロード版の販売数)の合計数

 Steam版の発売に伴い更に本数を伸ばしたようですね。
 前回の出荷本数発表時(昨年9/13)はMHWIBが250万本、MHWは1310万本(6/30時点)だったので、MHWが190万本上積みする一方MHWIBは150万本増やしています。

 この場合のPC(Steam)版の貢献度がどの程度になるかも考えてみた方が良いのかもしれませんが…カプコンの“ミリオンセールスタイトル”によると昨年9/30時点でのMHW総出荷本数は1410万本、それから1四半期で90万本を上積みしています。

 MHWの1500万本というのはSteamにおけるMHWI発売前となる1/2時点での話で、その間にPS4版も数字を伸ばしているだろう事を考えればSteam版の貢献は50万本分ぐらいなんですかね、何やらSteamの同接記録がどうのという話が出ていたような気もしますが…
 PCゲーマーが台数を誇るほどには新作タイトルを買う層は厚くない、というのは前から確認出来ている話ではあります。

モンスターハンターワールド:アイスボーン オリジナル・サウンドトラック (特典なし)
・モンスターハンターワールド:アイスボーン オリジナル・サウンドトラック (特典なし)
(Amazon)
 .