52496DSfiven
 この40部分が別のタッチパッドになり、左右を押し分けることも可能になる、らしい…?
スポンサーリンク


[J-PlatPat: 特開2019-217083 入力デバイス]

【要約】
【課題】操作性を向上したり、操作入力を多様化できる入力デバイスを提案する。
【解決手段】入力デバイス1は、上面に配置されている第1操作パッド30と、前面に配置されている第2操作パッド40とを有している。第1操作パッド30は、タッチセンサを含み且つ押し操作を受けて上下方向に動くことができる。第2操作パッド40も、タッチセンサを含み且つ押し操作を受けて動くことができる。

 …というもので、図面がこう、
52496DSfiven1
52496DSfiven2

 内部構造がこう…
52496DSfiven3
52496DSfiven4

 30が従来のタッチパッドで、この上端から平たく持った場合に奥に回り込む部分が別体とされ、そこがまた別個のタッチバッド兼ボタンになるという特許ですね。

[操作パッド]
図1に示すように、入力デバイス1は、板状の操作部材である第1操作パッド30と、板状の操作部材である第2操作パッド40とを有している。操作パッド30、40は、互いに異なる2方向に向いた2つの外面にそれぞれ配置されている。2つの外面は、互いに隣接しており、操作パッド30、40は、2つの外面が隣接している部分に配置されている。入力デバイス1の例では、第1操作パッド30と第2操作パッド40は、入力デバイス1の上面と前面とにそれぞれ配置され、互いに隣接している。詳細には、入力デバイス1は右部10Rと左部10Lとの間に中央部10Eを有し、操作パッド30、40は中央部10Eの上面と前面とにそれぞれ配置されている。したがって、操作パッド30、40は右側の操作部材(右側の操作ボタン11、14、15)と左側の操作部材(左側の方向キー12、操作ボタン14、15)との間に位置している。より詳細には、第1操作パッド30は、操作ボタン11と方向キー12との間に位置している。第2操作パッド40は、右側の操作ボタン14と左側の操作ボタン14との間に位置している。入力デバイス1の中央部10Eの前面には発光領域A1が形成されている。発光領域Aは入力デバイス1が内蔵するLED(Light Emitting Diode)によって光る。入力デバイス1の使用時、ユーザーはLEDの発光色により自分が操作している画面上のオブジェクトを認識したり、また、ゲーム装置はカメラを通して発光領域Aをトラッキングし、
入力デバイス1の位置・姿勢を検知する。

 とか、

【0015】
操作パッド30、40のそれぞれはタッチセンサを有している。すなわち、操作パッド30、40は、表面に触れたユーザの指の位置を検知するためのセンサを有している。操作パッド30、40はその表面を構成する外装プレート31、41(図3参照)をそれぞれ有している。外装プレート31、41の裏面には、タッチセンサが形成された回路基板32、42(図3参照)が配置されている。タッチセンサは、例えば、静電容量式のセンサや、超音波方式のセンサ、例えば赤外線を利用する光学式のセンサなどを用いることができるが、その種類は特に限定されない。回路基板32、42には、タッチセンサの駆動回路として機能するICチップが実装されてもよい。

 という説明がなされています。
 でここにタッチパッドがあって押せるかどうかですが、押せるかどうかでいえば押せますね、深めに握ればですが…

 ただちょっと押しにくいですしタッチパッドとして使えるかは微妙な線なので、もうちょっと別の場所への搭載を検討した方がいいのではないかとも思いますけど。

【0014】
操作パッド30、40の配置と数は、入力デバイス1の例に限られない。例えば、第2操作パッド40は、入力デバイス1の背面や、入力デバイス1の下面に配置されてもよい。入力デバイスが有している操作パッドの数は2つよりも多くてもよい。

 という記述もあることですし。

 PSVitaではちょっと失敗気味だった背面パッドですけど、背面がタッチパッドとして簡易的な操作に対応している上で左右を押し込むことでパドルのようにも使えるようになれば中指もしくは薬指での簡単なジェスチャーや操作を盛り込むのに向いているのではないでしょうか。

ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4) アルパイン・グリーン 【Amazon.co.jp特典】CYBER PS4用コントローラー充電ケーブル3m
・ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4) アルパイン・グリーン 【Amazon.co.jp特典】CYBER PS4用コントローラー充電ケーブル3m
(Amazon)
 .