52377Nintensendo
 任ッチの中国本土における正式発売によって国内の集計期間に計上される売上が大幅に減ったらちょっと面白いのですけどね。
スポンサーリンク


[niko partners: Tencent to bring Nintendo Switch to China on December 10, 2019]

 この記事、任ッチ本体のグレーマーケットにおける販売にも触れていまして、12/10に発売される中国版は価格競争力はあるがネットサービスはリージョンロックがあり騰訊のローカルサーバにのみ繋がる仕様になっていると紹介しているのに続いて、

The global version of the Nintendo Switch is fully region free and has been available on the grey market since its launch in March 2017. The hybrid nature of the console, social gaming experiences, high quality localised software and the lack of region lock have been key drivers of grey market Nintendo Switch sales in China. We note that nearly 10% of total global Nintendo Switch sales to date are from the Asia (excl. Japan) market, with China accounting for a notable portion of those sales. The Tencent Nintendo Switch is priced similarly to the grey market version and offers officially localised games and integration with Tencent services as unique selling points.

 と記述、正式には発売されていない任ッチが全世界売上の一割程度を占めていると書いています。

 2019年9月末までの時点で任天堂が発表した任ッチの販売(出荷)台数は4167万台。
 …ここでいう販売台数というのは出荷の話なので実売とは当然ながら差が出てきますが、誤差をなるべく減らすため一年間のスパンで考えてみましょうか。

[任天堂: 2018年度 第79期(2019年3月期)第2四半期決算短信 / 2019年度 第80期(2020年3月期)第2四半期決算短信](pdf)

 前期の第2四半期末におけるNintendo Switchの累計販売(出荷)台数は2286万台、この内国内は552万台でした。
 一方、今期の第2四半期末時点におけるNintendo Switchの累計販売(出荷)台数は4167万台、この内国内は1000万台。

 無駄に切りの良い数字になっていますが、これは直近の決算説明会でも話していた通りNintendo Switch Liteの出荷が先行したためという部分もあるのでしょう。
 どこに販売(出荷)したのかといえば当然任天堂販売という事になる訳なのでそれで良いのかという話は出てくるでしょうけど…

 それはさておき、一年間での全世界累計販売台数の増加は1889万台で国内の販売(出荷)台数の増加は448万台。
 角川ゲームリンケージ(ファミ通)調べの累計販売台数は同期間において513.3万台→949.7万台となっているので比較的誤差は小さくなっていると判断できるでしょう。

 そして全世界累計販売台数の一割+αが中国市場に流れているとしたらその大部分は日本からのBouekiとなる訳で(何故かというと他に正式発売されている台湾や香港、韓国で買うより安いため)、半分までは行かないけど2/3四割ぐらい割り引いて考えた方が良さそうですね、任ッチの張りぼて“累計販売台数”って。
 というか累計販売(出荷)台数が4167万台で国内のそれが1000万台、全世界累計の一割が中国に流れていてその殆どを日本が担っていると考えれば四割ぐらい、の方が簡単な説明でした。
 マルチプラットフォームのソフトがPS4に比べて全然売れない理由の説明にもなりますね。

 どちらかというと単なる任ハード任ソフトよりも累計販売台数のかなりの割合がBouekiって方が任天堂様にとって都合が悪い気もしますし、ニシくんにおかれましては“純粋にNintendo Switchにゲーム機としての魅力がなくPS4に見劣りするためソフトが売れていないだけでアジアを含んでるのが任天堂ハードだという訳ではない”って主張してみてもいいかもしれません。

龍が如く7 光と闇の行方 【早期購入特典】DLC装備アイテム「真島建設備品セット」プロダクトコード + 『龍が如く』コラボブランドグッズ抽選券 + 『龍が如く ONLINE』ゲーム内アイテム(「SSR春日 一番(ダンサー)」×1「SSR足立 宏一」×1) 同梱
・PS4 1/16 龍が如く7 光と闇の行方 【早期購入特典】DLC装備アイテム「真島建設備品セット」プロダクトコード + 『龍が如く』コラボブランドグッズ抽選券 + 『龍が如く ONLINE』ゲーム内アイテム(「SSR春日 一番(ダンサー)」×1「SSR足立 宏一」×1) 同梱
(Amazon)
 .