52140Konsyutrand
 ポケモンソールドのレビューが来週掲載されるかは特に記載がないため不明。
スポンサーリンク


 敬称略。
 レビュアーは左から卵を守る雨宮、ジゴロ☆芦田、くしだナム子、戸塚伎一。
 ちなみにクロスレビューがリニューアルされて~という話が出ていましたが、最近はここでも出ているようにその週のレビュアーがほぼ固定されているので、リニューアル云々というのは有名無実化していますね。
 むしろレビューしないタイトルが増えたりはしているようですが…

 プレイ時間はメーカーアンケートに対するパブリッシャの回答より。

NSw 10/18 A Hat in Time [ 8 / 9 / 7 / 9 ]

NSw 10/24 きみのまち ポルティア [ 7 / 8 / 7 / 7 ]

PS4 10/24 Bloodstained: Ritual of the Night [ 8 / 9 / 9 / 8 ]
  NSw 10/24 Bloodstained: Ritual of the Night

 海外で発売されてから長いので内容は省略しますが、明らかに任ッチ版はレビューしていなさそうな内容ではあります。


NSw 11/7 Strange Telephone [ 6 / 8 / 8 / 8 ]

PS4 11/8 DEATH STRANDING [ 10 / 10 / 10 / 10 ]
 プレイヤーの遊び方のスタイルによって大きく変わる。
 これはプレイ時間についての話ですが、パブリッシャはSIEとなっているのでそちらからの返答なんでしょうか、任天堂みたいでこういう物言いは余り好きではないのですが。

・物語、ゲームシステム、演出で「繋がる」というテーマをエンターテインメントとして消化している様は芸術的
・マップを見ながら行程と荷物を考える作業はトレッキングやツーリングの楽しさに繋がる
・到着時の達成感と風景に感じる誰かの存在、一人だけど孤独じゃないと感じられるオンライン要素が素晴らしい
・唯一無二の世界観、ストーリーと配送に焦点を当てた独創的なゲームデザインがしっかり面白い仕上がり
・フィールドをどう進むか考えるのが楽しい
・機能の拡張などでプレイが変化していく攻勢と匙加減が絶妙
・物語でもオンラインでも繋がりが感じられて素敵
・オンラインは利他的な行動がやり甲斐となる構造が見事でユートピアのよう
・実験性やメッセージ性が強い分娯楽性は弱く感じられるのが好みの分かれそうな所
・良好なレスポンスやメニューの使いやすさ等システム部分も抜かりなし
・徒歩や車両、ジップラインなどあらゆる手段で移動する内に旅情と気付きが得られる
・馬鹿馬鹿しくて笑ってしまう小ネタを交えつつプレイヤーの体験ありきで感情を刺激するメッセージを打ち出す妙は一人でも多くのゲーマーに体験して欲しい

 当然ながら全員が「今週はこれを買え」で挙げているのでその部分では、

・「歩く」事自体を「遊び」に変えてしまった
・駆け足でプレイすると壮大な「お使い」ゲームと化してしまうので一歩一歩踏みしめるように遊ぶのがオススメ
・移動という行為にこんなにもゲーム性を持たせたことに驚かされた
・これによりサムの旅路に重みとリアリティが生まれる
・主人公が孤独な分NPCやオンラインでの繋がりが心に染みる
・他人の存在は感じられても基本的にぼっちなのでオンラインマルチに抵抗がある人にもオススメ
・難易度イージーでもほどよい手応えを感じた
・謎の使命感や何かに急かされて一気に進めるより、寄り道しながらマイペースに遊んだ方が絶対楽しい

 等々。

PS4 11/14 婆裟羅コレクション [ 7 / 8 / 8 / 8 ]
 “飽きるまで”



仁王2 (早期購入特典(「太初の侍の鎧一式」ダウンロードシリアル) 同梱)
・PS4 3/12 仁王2 (早期購入特典(「太初の侍の鎧一式」ダウンロードシリアル) 同梱)
(Amazon)

週刊ファミ通 2019年11月21日号
・週刊ファミ通 2019年11月21日号
(Amazon)
 .