52014URAG
 ハード売り上げも軽ニシが前週比で半分未満になるなど大きく減少しており、増税での反動が来た感はありますね。
スポンサーリンク


[ファミ通: 【ソフト&ハード週間販売数】『ディズニー ツムツム フェスティバル』が『ドラゴンクエストXI S』を抑えて初登場1位! Switch&Liteは合計5.6万台【10/7~10/13】]

●ソフト
1 .Switch : ディズニー ツムツム フェスティバル                            / 30350本
2 .Switch : ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S                    / 25292本(累計: 38万6163本)
3 .PS4    : ゴーストリコン ブレイクポイント                               / 12664本(累計:    67397本)
4 .Switch : 妖怪ウォッチ1 for Nintendo Switch                             /  9426本
5 .Switch : ゼルダの伝説 夢をみる島                                       /  9338本(累計: 21万2918本)
6 .PS4    : モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション /  9332本(累計: 37万1268本)
7 .Switch : マリオカート8 デラックス                                      /  7696本(累計:248万8259本)
8 .Switch : Minecraft                                                     /  7308本(累計: 96万1796本)
9 .Switch : スーパーマリオメーカー2                                       /  7196本(累計: 66万1481本)
10.Switch : 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL                            /  6732本(累計:329万5636本)

 新作トップは「ディズニー ツムツム フェスティバル」ですが3万本というかつての1ねぷ感のある本数に。
 まあディズニーツムツムやるならスマでやるという事なんですかね。

 「妖怪ウォッチ1」は1万本にも届かないというかつての栄光は遠い結果になってしまっています。

 旧作はDQXISが六割弱、ゼルダの伝説夢をみる島が四割強前週比で本数を落としているのに対し、任旧作はMK8DXとMinecraftが揃って-14%、スーパーマリオメーカー2とスマブラSPが揃って-27%という任天堂らしい不自然な安定感を見せています。


●ハード
Switch      / 39364台(累計 923万9310台)
Switch Lite / 17316台(累計  31万4677台)
PS4         /  4575台(累計 714万5965台)
PS4 Pro     /  3274台(累計 129万8274台)
New 2DS LL  /   937台(累計 166万7991台)
New 3DS LL  /   104台(累計 588万4640台)
Xbox One X  /    45台(累計     17122台)
Xbox One S  /    33台(累計     91236台)
PS Vita     /    26台(累計 586万2653台)

 ハードでは任ッチシリーズがトップですが、前週比では2/3ぐらいまで減っていますね。
 特に軽ニシは前週比で半分未満に減少しており、やはり機能削減版かつ操作性も更に更に悪化している版を買いたくない人も多いようです。
 それに対して重ニシは前週比で二割減程度と比較的安定しているようですが、ベーシック任カムB o u e k i 分を除いたらどれだけ残る物やら。

 PS4シリーズは前週比で大きく販売台数を減少し、2/3を割り込むぐらいになっていますね。

 3DSシリーズは比較的安定しているといった物か、もう死に体ともいいますが。

 一応現役ハードなのにもっと死んでるXb1シリーズも前週比では結構減ってます、まあ誤差レベルなんですけど。

 PSVitaは前週比で二割ぐらい減少、こちらももう集計の下限を突破していそうな数字なので誤差でしょうが。

ペルソナ5 ザ・ロイヤル
・PS4 10/31 ペルソナ5 ザ・ロイヤル
(Amazon)
 .