51930Demons
 元々、ファミ通Appや週刊ファミ通に掲載されたインタビューでもデモンズソウルに影響を受けたような話はしていましたが。
スポンサーリンク


[ファミ通: 【FGO】奈須きのこ氏インタビューで迫る過去・現在・未来。第2部完結後の構想は2パターン存在]

 週刊ファミ通に掲載された時と重複している部分が出てきますが、他のゲーム関連の話題だと…

・シナリオライターを目指した切っ掛けはファミ通クロスレビューで絶賛されていた「ONE ~輝く季節へ~」を遊んでみたらどハマりした事
・武内氏は「ONE」はPC版が至高と言っていたが、ウィンドウにメッセージが表示される方式なのでビジュアルノベル形式のPS版でなければ引っかからなかった
・FGOにオンライン要素を取り込む切っ掛けは「Demon's Souls」を遊んだ事
・フロムソフトウェアのゲームは「アーマード・コア プロジェクトファンタズマ」までしか遊んでいなかったが、「Fate」制作時に「メタルウルフカオス」や「O・TO・GI ~御伽~」をプレイ、その後デモンズへ
・NSw「FitBoxing」で鍛えている
・「グランブルーファンタジー」は5年サービスを続けているのにせめ続けていて凄い
・「DARLSOULS」や「Bloodborne」、「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」とコラボしてみたい
・FGOサービス開始後のスマゲで楽しんでるのは「Muse Dash」「メギド72」

 等々。

 2019年発売タイトルとしては隻狼を上げ、

奈須 おもしろかったのは、1年間待ちに待ってパンパンに膨れ上がった期待を軽くオーバーしていった『SEKIRO』。脳内の『FGO』へのパーテーションが、『SEKIRO』プレイ中は「うるせえ!」となって、なんと1日たりともかかさなかった『FGO』の作業が3日止まった(笑)。まぁ、後でそのツケは払うんですけど……泣きながらね。アクションゲームとして平成最後にあんな素晴らしいものを見せられると思わなかった。ほかにもいろいろと素晴らしいゲームはあったんですけど、生活を崩した、というレベルまでいくと『SEKIRO』です。

――ちょうど平成というワードも出てきたので、今度は奈須さんの“平成最高の1本”を教えてください。

奈須平成でいったら、たくさん素晴らしいゲームや人生を狂わされたゲームがあります。『ベヨネッタ』と言いたいんだけど……やっぱり『デモンズ』です。たぶん、『デモンズ』で突然知らない誰かに「よ! きのこ元気?」って言われる楽しさを知らなかったら、こんな素直に『FGO』に参加していなかったと思います。

 と話していました。

 自社(TYPE-MOON)タイトルとしては、

奈須 “奈須きのこが生きているうちにやらなくちゃいけないリスト”のひとつに、『EXTRA』シリーズのリメイクがあり、前向きに検討しています。

 とコメント。
 紙の方に掲載された時点では発表されていませんでしたが、新納一哉氏がTYPE-MOONに入社したので実際に制作される可能性は高そうです。

 「月姫」リメイク版については、

――本職というと、リメイク版『月姫』にも期待したいところです。

奈須 いま少しだけテストプレイをしているけど、おっさんゲーマーほど超楽しいと思うよ。

 とコメント、FGOの制作で他を止めているような話はありましたが、今は多少開発が進んでいるようです。

DEATH STRANDING【早期購入特典】アバター(ねんどろいどルーデンス)/PlayStation4ダイナミックテーマ/ゲーム内アイテム(封入)
・PS4 11/8 DEATH STRANDING【早期購入特典】アバター(ねんどろいどルーデンス)/PlayStation4ダイナミックテーマ/ゲーム内アイテム(封入)
(Amazon)
 .