51853FeverNintendo
 これらのオープンワールドゲームの要素は任天堂が起源となったようです。
スポンサーリンク


via ■■速報@ゲーハー板 ver.51851■■

[GAME Watch: PS4版「原神」をTGS2019でプレイ! 何かと「ゼルダの伝説 BotW」フォロワーでありつつも、キャラクターの描き分けとアクションが光る作品に]

安田俊亮

 「原神」が話題になっていることのひとつとして、Nintendo Switch「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(BotW)と非常に雰囲気が似ている、ということがある。どれくらい似ているかというと、ビジュアルの作り方、アクションの動き、敵の造形などなど。

 岩肌を登ることができたり、高いところからグライダーを使って移動できたり、植物を回収したり、動物を倒すと肉を落としたり。とにかく心配になるくらい共通点がある

 “普段ゲームやらない人なのかな?”
 “敵の造形とかはまだしも後半はいくらでもそんなゲームあるやろうに”
 “こうやって羅列されるとブスザワって色んなオープンワールドから要素をパクったパッチワークゲームなんやなって思う”
 “つまりゼルダも色んなゲームに影響受けてるわけだよね”
 “最後の方なんかもう言いがかりが酷いな”
 “植物を回収できるとゼルダのパクリ”
 “MGS3はゼルダBotWのパクリだったのか…なんてこった”
 “原神は和ゲー全般から影響受けてると思う”
 “任天堂界隈の起源主張厨の本領発揮だね”
 “原神はプラチナからの影響がでかいと思う”
 “一方デスストは技術の梯子で岩肌を登るのであった”
 “誰がこのアホな作文書いたのかと思ったら知らない安田だった”

 ニシくんが任天堂起源説を唱えるべく頑張ってゼルダBotWの要素を列挙すると色々馬脚を現してしまう部分があるというか。
 原神についていえばトレーラー見る分にはテイルズやFEZ等の影響もあるように見えますしね。

 これについては何でも任天堂が起源だと主張しようとするから無理が出てくるのであって、任天堂様のゲームに似ているように見えるゲームを任天堂ハード抜きで発売することが許せないのだ、と正直に主張すれば聞いた人もニシくんにとってはそれはそうだろうねと考えやすいですし、ニシくんには同意して貰えるのではないでしょうか。
 もっと“一般人”からの幅広い支持を得たいとか気持ち悪い考えを持っていそうだなとも思ってはいます、ニシくんの事なので。

DEATH STRANDING【早期購入特典】アバター(ねんどろいどルーデンス)/PlayStation4ダイナミックテーマ/ゲーム内アイテム(封入)
・PS4 11/8 DEATH STRANDING【早期購入特典】アバター(ねんどろいどルーデンス)/PlayStation4ダイナミックテーマ/ゲーム内アイテム(封入)
(Amazon)
 .