51782GShow
 ゲームデザイナーズ大賞といえば審査員長が桜井政博氏、これでニシくんがまたはい任天堂と騒ぎ出しそうですね。
スポンサーリンク


[CESA - 日本ゲーム大賞: 日本ゲーム大賞2019「年間作品部門」受賞作品決定! / 日本ゲーム大賞2019「ゲームデザイナーズ大賞」はASTRO BOT:RESCUE MISSIONが受賞](pdf)

■日本ゲーム大賞2019 年間作品部門

●大賞
・大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

●優秀賞
・Apex Legends
・Kingdom Hearts III
・Judge Eyes: 死神の遺言
・Sekiro: Shados Die Twice
・大乱闘種マッシュブラザーズ SPECIAL
・Detroit: Become Human
・Devil May Cry 5
・ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島
・BAIOHAZARD RE:2
・Marvel's Spider-Man
・メギド72

●ベストセールス賞
・大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

●グローバル賞 日本作品部門
・大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

●グローバル賞 海外作品部門
・Red Dead Redemption II

●特別賞
・Nintendo Labo

 …特別賞?

■「Nintendo Labo」が『特別賞』を受賞!
「Nintendo Labo」は、“つくる・あそぶ・わかる”がコンセプト。
段ボール製のコントローラーを自分で組み立て、Nintendo Switch と組み合わせて遊ぶことで、ゲームの仕組みがわかったり、自分で考えたゲームを発明したり、ハードの機能を活かした新たなゲームの楽しみ方と、これまでになかった「作る楽しさ」を提供した点が選考委員会で評価され、今回、「特別賞」を受賞されました。

 ある意味特別。

■ゲームデザイナーズ大賞 2019
 2019年の審査員は飯田和敏氏(立命館大学)、イシイジロウ氏(ストーリーテリング)、小川洋二郎氏(NCジャパン)、神谷英樹氏(プラチナゲームズ)、小高和剛氏(トゥーキョーゲームス)、桜井政博氏(ソラ)、巧舟氏(カプコン)、外山圭一郎氏(SIEジャパンスタジオ)、宮崎英高氏(フロム・ソフトウェア)という面々。

 そして受賞作はタイトルにもある通り

・Astro Bot: Rescue Mission

 が受賞。

 審査員長の桜井政博氏のコメントは

家庭用ゲーム機のVR作品として、最も高い完成度を誇る作品です。
操作するキャラクターのみならず、手にしたコントローラーやヘッドセット(≒カメラ)自体をもゲーム世界に介在させる手法などは、没入感に注視しがちなVR作品に対するひとつの解答になっています。

斬新というよりは磨き込みが光る作品ですが、『ASTRO BOT』でしか味わえないであろう感覚や遊びは多数あり、結果的に唯一の作品であると評価されました。

 …というものになっています。
 どうもVRのゲームとか全然遊んで無さそうな人もいますけど、それぞれが推したタイトルって何だったんでしょうね。
 普通に考えると自社タイトルを推すことは無いと思うので、多分Astro Botを推したのは桜井氏の他には外山氏、神谷氏以外の誰かだろうとは思いますが。

[PS.Blog: 【TGS2019ステージレポート】「日本ゲーム大賞2019」年間作品部門をSIEの2作品が受賞! プロが選ぶあの賞も!]

 SIE JAPAN Studio Asobi! Team プロデューサー兼ディレクター Nicolas Doucet(ニコラス・デュセ)。「90年代にフランスに住んでいた時、日本のゲームばかりたくさんプレイしていました。30年後、日本で日本人と一緒にアクションゲームを作ることができ、子供の頃からの夢が叶いました。みなさんのおかげです。本当にありがとうございます」とファンや開発チームに感謝を述べました。

 SIE JAPAN Studio Asobi! Team ゲームデザイナー 森田玄人は、「素晴らしいチーム、素晴らしいディレクターと、新しい技術を使って新しい体験を探していきました。このようなチャンスをもらえたことがありがたいです。しかも、それをユーザーのみなさんやクリエイターの方々に評価していただき、本当にうれしいです」と満面の笑顔でコメント。

 SIE JAPAN Studio Asobi! Team ゲームデザイナー 前田貴子は、「私自身も、楽しみながらゲームを作りました。このチームの良いところは、ゲームデザイナーやディレクターだけでなくプログラマー、アーティスト、サウンドデザイナー、テスターに至るまで、チーム全員でアイデアや意見を出し、それをゲームに反映させてより面白いものを作るという体制です。みんなで作ったゲームが、このような素晴らしい賞をいただき、うれしいです」と喜びの表情を浮かべました。

 「ゲームデザイナー大賞」は、今年で10周年。桜井氏は「驚くことに、今回初めて大手メーカーの作品が受賞しました。インディーズ、大手、一切関係なく、これからも優れた作品を表彰していきたいです」と締めくくりました。

 ゲームデザイナーズ大賞は日本ゲーム大賞が売上ランキング+任度みたいな状態になっている事を考えると、そこで取りこぼした隠れた名作をピックアップする賞になっている部分もあるかもしれません。

ASTRO BOT:RESCUE MISSION (VR専用)
・PS4 ASTRO BOT:RESCUE MISSION (VR専用)
(Amazon)
 .