51386Koetec
 何ん天堂の円でも切れたんでしょうかね。
スポンサーリンク


[コーエーテクモHD: 2020年3月期 第1四半期決算短信 / 2019年3月期 第1四半期決算短信](pdf)

 売上高は前年同期比10.9%減の72.28億円、営業利益は58.3%減の9.56億円、経常利益は67.4%減の12.47億円、純利益は22.1%減の22.1億円。
 純利益の減少が少ないですが、これは賃貸用不動産の一部を売却した利益を計上したことによるものだそうです。

 中期経営計画は順調に進捗しており、当期は主力タイトルの発売を第2四半期以降に予定してい
ることから、当第1四半期業績は、売上高72億28百万円(前年同四半期比10.9%減)、営業利益9
億56百万円(同58.3%減)、経常利益12億47百万円(同67.4%減)となりました。当社グループが
保有する賃貸用不動産の一部売却により、特別利益を15億59百万円計上した結果、親会社株主に帰
属する四半期純利益は22億10百万円(同22.1%減)となりました。

 と説明していますね。

エンタテインメント事業 売上高 63億85百万円 セグメント利益 7億38百万円
 「シブサワ・コウ」ブランドでは、当社がIPを許諾したスマートフォンゲーム『新三國志』が引
き続き好調に推移しております。
 「ω-Force」ブランドでは、4月に株式会社アトラスより『ペルソナ5スクランブル
 ザ・ファントムストライカーズ』(PS4、Nintendo Switch用)が発表されました。本作は株式会
社アトラスのペルソナチームとω-Forceがタッグを組んで開発しております。7月上旬には、
 『進撃の巨人2 -Final Battle-』(PS4、Nintendo Switch、Xbox One、Steam用)をワールドワ
イドで発売しております。
 「Team NINJA」ブランドでは、『仁王 Complete Edition』(PS4、Steam用)のリピート販売が
堅調に推移しております。続編である『仁王2』(PS4用)は5月にα体験版を配信し、鋭意開発
中です。3月に発売した『DEAD OR ALIVE 6』(PS4、Xbox One、Steam用)は基本無料版をリリー
スし、5月に全世界累計100万ダウンロードを突破いたしました。有料コンテンツ販売も順調で
す。国内で配信中の『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』は、4月にアジア地域でもサービ
スを開始いたしました。
 「ガスト」ブランドでは、『ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~』(PS4、Nintendo
Switch、Steam用)を欧米向けに発売いたしました。
 「ルビーパーティー」ブランドでは、『ネオロマンス ダンディズム2』など2つのイベントを
開催いたしました。
 「midas」ブランドでは、新規スマートフォンゲームの開発に注力しております。

 ゲーム事業で堅調とされているのは仁王ぐらいなもの、で後は発売されましたばかりな訳ですが…

 前年同期のエンタテインメント事業は売上高73.75億円に対しセグメント利益21.34億円だったんですよね、中国で好調だったという三國志のスマゲーが好調だったというのもあるんでしょうけど…前年同期だと、

 「ω-Force」ブランドでは、2月に発売した『真・三國無双8』および、3月に発売した
『進撃の巨人2』のリピート販売とダウンロードコンテンツが好調に推移しております。
 「Team NINJA」ブランドでは、任天堂株式会社の「ゼルダの伝説」シリーズと「無双」シリーズ
とのコラボレーションタイトル『ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX』(Nintendo Switch
用)が欧米で発売されました。スマートフォンゲームでは、株式会社スクウェア・エニックスと共
同で開発し、グローバルで配信中の『DISSIDIA FINAL FANTASY OPERA OMNIA』が収益に貢献いたし
ました。

 ニシくんが失敗した事にしようと頑張っている真・三國無双8は“好調”だったのに、それに引き替え今年度は…

 また不動産事業については堅調だった筈なのですが、売却により売上高が1/4程度減っているようです。

ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~ (パッケージ版封入特典(エクストラサウンドコレクション ダウンロードシリアル) 同梱)
・PS4 9/26 ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~ (パッケージ版封入特典(エクストラサウンドコレクション ダウンロードシリアル) 同梱)
(Amazon)
 .