51338Alfa7RIV
 また、アクセサリシューのコネクタで音声信号を扱えるようにするなどより動画撮影への対応も強化しているようです。
スポンサーリンク


[Alpha Universe: Sony Introduces 61 Megapixel α7R IV]



 α7RIVは米国では9月に3500ドルで発売予定と発表。



 6100万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサ「Exmor R」を搭載。
 画像処理エンジンとしては「BIONZ X」を搭載。
 ダイナミックレンジは15段と、前型のRIII(確か14段台)よりちょっと進化。
 5軸で5.5段分の手ぶれを軽減する本体内蔵手ぶれ補正を搭載。(α9で5段)
 576万画素のUXGA 有機ELトゥルーファインダーを搭載。(α9は369万画素のQVGA)
 ピクセルシフトによる2億4000万画素撮影に対応。
 6100万画素で毎秒10連写が可能。



 ピクセルシフトによる2.4億画素撮影ですが、こちらの動画にある通り4サイクル(16枚)の撮像を合成することによりモアレを出さず、かつ超高解像度の写真を撮影することが出来るとの事。
 上にある通り毎秒16連写なので撮影に少なくとも1.6秒ぐらいはかかるはずですが、静物を撮影する用途には良さそうです。



 動画撮影は4K解像度に対応。



 アクセサリーシューにデジタルオーディオインターフェイスを搭載、専用のアクセサリも同時発売することで高品質の音声収録が可能になったとしています。

 といった具合にかなり多くの変更点がありますね、ここまで変えるならSDカードの2スロットではなくてXQDカードを使えるようにしても良かったのではと思いますが、その辺はCFXカードの立ち上げ待ちなのでしょうか。

 α7Sのモデルチェンジがなかなか来ないですけど、もしこれに準じた仕様かつグローバルシャッターで8K動画撮影にも対応とかなった日にはとんでもない価格になりそうですね。

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX1RM2 4240万画素 DSC-RX1RM2
・SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX1RM2 4240万画素 DSC-RX1RM2
(Amazon)
 .