51130Sony
 前の記事にある通り半導体部門は十分に利益を出していますし、言われるがままにその時々の“贅肉”を削ぎ落としていたら骨だけになってしゃぶられて終了しそうですね。
スポンサーリンク


[日経新聞: ソニー吉田社長「事業ポートフォリオは常に議論」]

 株主総会で米ヘッジファンドのサード・ポイントが半導体事業の分離独立、金融子会社の売却を求めていた件についての質問が出て、これについて吉田憲一郎社長はコメントを控えるとしつつも長期的な株主価値向上に繋がる施策は常に議論している、とほぼこれをスルー。

 ちなみにサード・ポイントはソニーに音楽や映画、ゲームとエレクトロニクスを核とする「クリエイティブエンタテインメントリーダー」になるべきとしているのですが、2013年には音楽分野や映画といったエンターテインメント事業の分離を求めていたっていう。

 半導体分野への大型投資が株価低迷に繋がっていると難癖を付けているのですが、長期的に事業が成り立たないようでは困りますし、こんなもん真に受けていたらそれこそ滅んでしまいそうですね。

 株主総会の質疑応答は意味不明なものも増えるからかネット上では公開されていないのですが、

[Twitter: 志田義寧@ロイター‏ @y_shida]

ソニー株主総会。株主「アイボは犬にこだわっているが、最近は猫も人気がある。犬以外のアイボをみたい」。執行役員「猫型は技術的に若干ハードルが高い」

 今回世間的に一番バズってたのはこのネタですかね、確かに跳んだり跳ねたり液状化したりする猫をロボットで再現するのはなかなかハードルが高そうです。

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3
・ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3
(Amazon)
 .