51105Xboka-nn
 Xb1の自称後方互換性って前から何度も書いていますが移植作業を伴うもの…PSのアーカイブスや任のバーチャルコンソールに相当する物なんですよね。
 でXb1後継機であるProject Scarlettが登場する一年半ほども前にその対応が終わるということは?
スポンサーリンク


[Xbox Wire: E3 2019: What’s Next for Xbox Backward Compatibility]

 …というのもMSカンファの後に明らかになったものなのでちょっと遅報なのですが、どうでもいいかというと実は次世代機で互換性が無さそうだなとか。

 そもそも「後方互換性」と生じてるのに新規対応終わりますーって理屈がおかしいんですよね、それ互換性ないんだろ。

 600タイトル以上を自称後方互換対応タイトルに追加し、Project Scarlettでは4世代の数千のタイトルが遊べるようになりまーす、というのですが、逆に言うといずれかのハードの互換性は確保できていない可能性が高いという事ですね、
 何となれば360タイトルは2100本程度が米国では発売されており、初代Xboxのタイトル数も1000本強はある訳ですし。

 この理屈(Project Scarlettでは4世代の~)からするとXb1との完全互換が実現されているのであれば、“後方互換”対応タイトル追加をここでやめる必要はないんですよね。
 もし前世代機との互換が完璧なものであれば、その上で動くように調整された旧世代機のタイトルもそのまま動くはずですし。

 まあ互換性はあればあるに越したことはないけどそこまで重要ではないようですし、前世代機との完全な互換性が無いからもう駄目だと言うつもりもないんですけどね、私は。
 ただチカくんは互換性があるからXboxサイコー、PS4は駄目って言ってたのにそれが逆転した時にどう主張をSwitchさせるものか、という部分には興味があります。

 3000タイトルあまりのうち600タイトルぐらいで終わってんだから二割程度の対応でしかないのに、チカくんはさも全てのタイトルで互換しているような万能感に満ち溢れた物言いをしていたことについては忘れていませんしこの先も事あるごとに蒸し返すつもりならあります。
 ……この先Xb1より更にユーザー数が減った場合は蒸し返そうにも誰もいないとなりそうなんですけど、エアプばっかりになってるからこそ互換性に万能感を持つような勘違いが放置されっぱなしであるとも言えるのかもしれませんし。

ペルソナ5 ザ・ロイヤル
・PS4 10/31 ペルソナ5 ザ・ロイヤル
(Amazon)
 .