51078AriseTales
 SNSで密にファンとやり取りしていきたい、というやめておいた方が良いんじゃないの?という話もしていますね。
スポンサーリンク


[ファミ通: 『Tales of ARISE (テイルズ オブ アライズ)』最速インタビュー。シリーズの継承と進化、ワケありな主人公とヒロインについて富澤Pに訊く【E3 2019】]

 タイトルにあるように富澤祐介プロデューサーへのインタビューですが、

・プロジェクトが始まったのはTOVリマスタの発表よりもかなり前。テイルズオブシリーズは何なのか、どうあるべきかを見直す時間が長かった
・将来に向け進化が必要と考えられる部分も多かった
・これまでにない見せ方に従来のシリーズファンは不安かもしれないが、根本的な魅力や継承するポイントを踏まえた上で進化しているとお伝えしたい
・グラフィックは純粋に進化したと受け止めてもらえると思う。専用エンジンからUE4に変わったが、フォトリアルではなく水彩調の独自のグラフィックを描くため、完全新規のシェーダーなどを独自に開発している
・キャラの頭身を高くしたのはそのキャラが生きている感覚を出す為。モーションにも力を入れている
・メインキャラクターデザインは岩本稔氏が担当、同時にアートディレクションも
・キャラデザとアートディレクターが同一人物なのはいわゆるマザーシップタイトルでは初で、文化レベルまで統一的に表現することが出来た
・キャラの表情や演技は劇場3Dアニメのレベルを目指している
・開発はバンダイナムコスタジオ、TOBからのメンバーも多くいるが、TOPからのメンバーも
・スタッフはこれから紹介していきたい



・主人公達が生活している星「ダナ」は自然豊かな星だが、300年前に上空に浮かんでいる星「レナ」に侵攻されその後隷属させられている
・鎧を纏った人物が主人公で、その状況をいかに覆すかが物語の方向性に。衣装の変更もあり
・女性キャラがヒロインで、強気で格好いい女性。人種が違い、支配者という被支配者という立場から二人の関係はスタート
・バトルはエンカウンター。新規ユーザーに爽快感があるバトルと感じてもらえる物にするというテーマがある
・状況に合わせ色々なアクションが繰り出せる
・エネミーは脅威に感じるデザインを目指している。かわいいタイプの敵が全くいないという訳でもない

・どういう進化が望まれているか、テイルズシリーズらしさを感じてもらえるよう作っている。それを伝えるためにシリーズを統括するブログを立ち上げ、今後はSNSでも細かくやり取りしていきたい
・体験版の配信や試遊会といった発売前に触れられる機会は設けたい
・頭文字の被りを避けるという暗黙のルールを変えて新生に向けた熱意を伝えたかった
・略称はアライズかTOARISEにしたい
・発売時期はまだ言えない。ビジュアルはある程度完成しているがブラッシュアップが必要だし、バトルやドラマパートなども作り込む必要がある

 といった所ですね。
 テイルズのプロデューサーとかどうせ叩かれるんだから、余計な事を言わずに必要に応じてスルー出来れば良いんですけど…

とある魔術の電脳戦機 初回限定版『Discipline 55』 【限定版同梱物】・PS4(R)ソフト・「Chronicle 20」・オリジナル・サウンド・トラックCD「Cyber Troopers Vitual-on Official Sound Data 18」 同梱 & 【予約特典】とある魔術の電脳操典(ハウ・トゥー・プレイ) 付
・PS4 とある魔術の電脳戦機 初回限定版『Discipline 55』 【限定版同梱物】・PS4(R)ソフト・「Chronicle 20」・オリジナル・サウンド・トラックCD「Cyber Troopers Vitual-on Official Sound Data 18」 同梱 & 【予約特典】とある魔術の電脳操典(ハウ・トゥー・プレイ) 付
(Amazon)
 .