50999GGGStadia
 無料版、といってもサービス料金の話であってソフト有料ですけどね。
スポンサーリンク


 なおおまカントリーされているので外部サイトから情報を拾ってきたものとなりますが…



[Gamasutra: Stadia 'Founder's Edition' launches in November, base version in 2020]

 Stadiaはサービス開始当初は「Chromecast Ultra」専用のサービスとなり、それとコントローラをセットにした「Founder's Edition」は129ドル。
50999GGGStadia1
 これには3ヶ月分の有料サービス、「Destiny2」のプレイ権などが付属しています。

 当初からサービスされる国はベルギー、フィンランド、カナダ、デンマーク、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、オランダ、ノルウェイ、スペイン、スウェーデン、英国、米国の14ヶ国。

 月額9.99ドルの“Pro”サービスに加入すると4K解像度、5.1chでの配信に対応。
 また、将来的には?Destiny2以外の旧作も“フリープレイ”的に基本サービス料のみでプレイ出来るようになるそうですが、それ以外のタイトルについては各個にプレイ権を購入する必要があるそうです。

 独占タイトルとして「Gylt」が発表されていますが…


 タイトルにこれといって特筆すべき物は無いようですね、最初からマルチにしてもらえるよう働きかけてはいるみたいですが。

 2020年には最大解像度がフルHD、オーディオはステレオに制限される物の無料版のサービスがスタート、またChromeブラウザからプレイすることも可能になるとされており、ユーザー側にイニシャルコストが発生しないというメリットはありますが、それは一方でサービスする側に固定コストが発生するという事でもあります。
 クラウドサービスの問題点というのはピーク需要に合わせるだけではコストがかかりすぎるのに、繋がりにくいなどとなれば不評を囲いユーザー離れを招くという部分がありますし、このままだとどうなる事やら。

DEATH STRANDING【早期購入特典】アバター(ルーデンスSDF)/PlayStation4ダイナミックテーマ/ゲーム内アイテム(封入)
・PS4 11/8 DEATH STRANDING【早期購入特典】アバター(ルーデンスSDF)/PlayStation4ダイナミックテーマ/ゲーム内アイテム(封入)
(Amazon)
 .