50984AtelierRyzer
 なお、昨年と同じく発売日未定(秋予定)の状態で予約が始まるのかもしれません。
スポンサーリンク



■キャラクター
 湖上の島「クーケン島」、そこにある「ラーゼンボーデン村」でライザと共に育った二人が仲間に。

●「レント・マルスリンク」(寺島拓篤)
 ある事情から村で冷遇されている若者。いつか村の人々を見返したいと思っている。お調子者のようだが常識的な面もあり、ライザを諫めることも。

●「タオ・モンガルテン」(近藤唯)
 家にあった古書の解読作業を続ける少年。弱気で人付き合いが苦手だが、友達を見捨てるようなことはしない。

●「クラウディア・バレンツ」(大和田仁美)
 商家の令嬢で、父に同行し旅している。秘密の冒険に参加したいとライザの仲間に。

●「ルベルト・バレンツ」(浜田賢二)
 商家を一代で興したやり手の商人。
 クラウディアを助けて貰ったことには感謝する一方、クラウディアが冒険に参加することには難色を示す。


■インタビュー
 細井順三プロデューサーへのインタビューが掲載。
 といっても電撃PSのと被っている部分が多いですね。

・これまでのアトリエの完成形はルルアのアトリエで見せられたので、今回はそれいじょうかつこれまでとは違うアトリエを見せなければならないと考えた
・キャラにここまで影を落としたことはなかった
・ライザのデザインはかなりの難産だった。平凡とは何かずっと話し合ってやっと完成した
・最初はスカートを履いていたが、トリダモノさんが何か違うと言い出し全面的にデザインが変更に
・レントとタオのデザインはスムーズに進んだ。レントは傭兵だった父が身につけていた武具を着けている
・タオは本の虫
・クラウディアは最後にデザインが完成したキャラクター
・活発になりたいという願いをスカートのスリットや肩出しで表現
・身近なストーリーに立ち戻った方がいいと思った
・規模が大きいタイトルになると身近なものをテーマにするのは難しい
・ライザ達が自分が出来る範囲で頑張る。エンディングまで見たらグッとくると思う

 等々。

 最後の辺りは小規模なプロジェクトですと言っているような内容にも見えますが…単なる事実でもありそうですね。


イースIX -Monstrum NOX- 【初回限定特典】『イースIX オリジナルサウンドトラックミニ CODE:RED』付
・PS4 9/26 イースIX -Monstrum NOX- 【初回限定特典】『イースIX オリジナルサウンドトラックミニ CODE:RED』付
(Amazon)

週刊ファミ通 2019年6月20日号
・週刊ファミ通 2019年6月20日号
(Amazon)
 .