59179MRT
 というか盛田昭夫で森林の森の方が出てくるのって珍しくないですかね…SIEJAのプレジデントも一族の盛田厚氏ですし。
スポンサーリンク


[gamesindustry.biz japan edition: SIE WWS:PS3は「純然たる傲慢の時代」だった]

Author:Brendan Sinclair 翻訳:編集部

 クオリティへの注力は,ソニーの創業者兼社長であった森田昭雄氏の下で働いていたときにLayden氏に植え付けられたものだ。

 ブラモリタ…

 この時にShawn Layden氏がPS3はその傲慢さから云々と話していた事は事実なのですが。
 ところでここ数日、Jim Ryan氏とShawn Layden氏を取り上げる機会が多いのでどっちがLだったっけ…となる事が結構あります。関係ない。

[Gamasutra: Layden recalls PS3 'Icarus moment,' looks ahead to expanding PlayStation's audience]

 PS3の時期は傲慢さから失墜することになった、それを招いたのは高価なハードと開発が難しい開発環境にあったと同氏。

 GIbizの記事だとPS3の反省とソフトの品質云々の部分に終始しているので他のところを取り上げると、

 またニシッチの成功に触れて“私は任天堂を過小評価したことはない”とコメント、MSが作ったような身体機能に障害がある方向けの「Adaptive Controller」のような取り組みについてもよりアクセス性を高める重要性はSIEにもあるとも話していたそうです。

 ゲーム業界は変曲点にあり、「ゲーマーは成長してゲームから卒業する」事がなくなった、ともコメント、ゲームが幼稚な遊びであるとはミナされない時代が来たと話し、続けてPSの(ファーストパーティ)ゲーム開発に重要なのは品質が全てに優先されるという単純な戦略で、今後も継続的にゲームを開発していくともコメント。
 また、如何に困難であろうとも新規IPを開発し続けることは必要な事だとも話しています。


 率直に他社の成功を認めてみせるのは特に任天堂には見られない良い部分ですね、MSも口先だけという感がありますが…
 ニシッチが成功したとSIEAでも認識されているなら、PSVita後継機たるPS携帯ゲーム機第3世代モデル略してPSP3(仮)の投入と展開に向けても障壁が薄く低くなるという事にもなりそうですし。

盛田 特選白だし 1L
・盛田 特選白だし 1L
(Amazon)
 .