50121DNA
 何が駄目って大体駄目ですね…
スポンサーリンク


[株式会社ディー・エヌ・エー - IR・投資家情報]

[eir-parts: 2019年3月期第3四半期決算短信〔IFRS〕(連結) / 決算説明会資料](pdf)

 売上高は前年同期比10.8%減の946.46億円、営業利益は67.3%減の85.83億円、四半期利益は63.9%減の84.28億円。

① ゲーム事業
 ゲーム事業の売上収益は62,483百万円(前年同期比14.3%減)、セグメント利益は13,199百万円(同31.0%減)
となりました。
 ユーザ消費額は前年同期比で減少いたしましたが、費用面では、販売促進費・広告宣伝費や業務委託費等を中心
に筋肉質化を図ったほか、さらなる固定費の最適化を継続的に行い、健全な収益性確保に向けた取り組みを推進し
ております。

 ゲーム事業、EC事業は減収、スポーツ事業は増収減益、新規事業は何やらかなりの赤字を出しています。

50121DNA1
 四半期単独で見ると全体的に減収減益というのが厳しい状況ですね。

50121DNA2
 固定費が売上高の下落に合わせて削れるわけではないため大きく営業利益が減少。

50121DNA3
50121DNA4
 やっぱりこれですかね。
 累計DL数と累計売上高は伸び続けているのですが。
 ありがとう…ありがとう任天堂…

50121DNA5
 中国スマゲのローカライズにも手を出すようです。

50121DNA6
 重点投資対象という新規事業もこんな感じですし。
 今後どうなってしまうんでしょうね、横浜ベイスターズの主催試合は順調との事なので、その点についてはひとまずすぐにどうこうという物でもないんでしょうけど。

 関係ないですが何かロゴがちょっと前に「バズった」林檎を見て考える事云々のイラストみたいに見えた。

プロ野球スピリッツ2019 【店舗限定早期購入特典】海外移籍選手先行入手DLC 配信
・PS4 4/25 プロ野球スピリッツ2019 【店舗限定早期購入特典】海外移籍選手先行入手DLC 配信
(Amazon)
 .