50084TKKseven
 基準がプラットフォーマーの胸三寸って、スマもそういう所はあるみたいですけどコンテンツを作る側にとっては面倒くさい事この上ないですし、どうにかして欲しいところではあります。一方…
スポンサーリンク


[inside: 世界を揺るがすあの問題に対し、ついに爆乳Pが口を開いた! 『閃乱カグラ』シリーズステージイベント&高木P メディアセッション【台北ゲームショウ2019】]

 高木謙一郎Pの発言に関して任サイド側は基本的には現地メディアとのセッションを聞いていた立場みたいですけど、

――以前のインタビューで『閃乱カグラ』の新作はPS4で開発中、ということだったのですが、現在PS4はセクシー表現の規制が厳しくなっている、という話があって、この状況に対してどう思っていますか?

高木 規制の動きというのはプレイステーションに限らず、どのプラットフォーム、どのジャンルにおいても少しずつ世界的に広がっていく流れで、いずれそういう時が来るだろうな、とは予想はしていました。思ったより早くその流れが来てしまって、今まさにどうしようかなと悩んでいるところではあります。

――今の話を踏まえて、『閃乱カグラ7EVEN』の完成バージョンは最初の発想からかなり変更を加えたものになりますか?

高木 そうですね、当初思い描いたものではきっとリリースできないだろう、というところなので、すべてにおいてやり直すというか、考え直すというところですね。

――『7EVEN』において、対象年齢の違う2つのバージョンをリリースする計画はありますか?

高木 2つに分ける、ということは考えていないですね。(いろいろ考えながら)……難しいですね。

 (中略)

――制作が難航しているのはやはりセクシー要素が多いからですか?

高木 「服も脱げない、破れない、おっぱいも揺れない『閃乱カグラ』でいいのか?」というところですかね。

――胸を出せない、胸が揺れないとありましたが、今までシリーズの中で表現したものも不可能になった、ということでしょうか。

高木 まずできること、というのはあると思うんですけれども、多くのことがきっとできなくなるであろう、規制はますますもっと厳しくなっていくであろう、と。どこまでやっていいのか基準がないので、非常に苦心しているんですね。

『閃乱カグラ』シリーズの魅力というものはセクシー要素だけじゃないと僕は思っているんですけど、そこを削ってしまっては、魅力が薄れてしまう。セクシー要素がなくても面白い要素はたくさん作れるんですけれども……答えは出てないんですよね。

 規制強化は世界的な流れではあるのだが、どの程度まで規制されるか分からないので困っている部分はあるようです。

 一方、ちょっとやり過ぎとも見られていたタイトルに関しては規制が概ね明文化されていたCEROの規制を回避する形で作られていたものですし、はっきりした基準を作ってしまうとそれを回避しようとするものも現れる、というのはあるんでしょうね。

 前から書いていることですが、SIEの独自の基準とCEROの基準がそれぞれ別個にあり、かつ一々これはOKかとSIEしかも欧米向けに確認する作業が発生するという状況は良くない訳で、これについてはちゃんとSIEがどうにかすべき部分だろうとは思いますけど。
 CEROともちゃんと話し合って、グローバルスタンダードと言える程度のレーティングを設けるべきなんでしょうね。

キャサリン・フルボディ 【先着購入特典】DLC「ペルソナ5 プレイアブルキャラ“ジョーカー"&怪盗団スペシャル実況セット」 同梱
・PS4 2/14 キャサリン・フルボディ 【先着購入特典】DLC「ペルソナ5 プレイアブルキャラ“ジョーカー"&怪盗団スペシャル実況セット」 同梱
(Amazon)
 .