49930TOSE
 結局赤字なのは変わらないっていうのはなかなか困った状況ですね。
スポンサーリンク


[株式会社トーセ - IR情報]

[xj-storage: 2019年8月期第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) / 決算説明資料](pdf)

 売上高は前年同期比18.8%増の8.52億円、なのですが営業損失は前年同期の0.47億円から0.58億円へと増加。
 純損失は前年同期から一割程度減少し0.34億円となっていますが。

 当第1四半期連結累計期間の業績は、「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」向けの開発
売上が伸長したことなどにより、売上高は8億52百万円(前年同期比18.8%増)となりました。
 利益面につきましては、一般管理費が増加したことなどにより、営業損失58百万円(前年同期は営業損失47百万
円)、経常損失35百万円(前年同期は経常損失36百万円)、親会社株主に帰属する四半期純損失34百万円(前年同
期は親会社株主に帰属する四半期純損失38百万円)となりました。
 なお、開発完了タイトル数は、家庭用ゲーム機向け1タイトル、パソコン向け2タイトル、スマートフォン向け
2タイトルの合計5タイトルとなりました。



①デジタルエンタテインメント事業
 当事業におきましては、ゲームを中心とするデジタルコンテンツの企画・開発・運営などの受託を行っておりま
す。製品別の内容は以下のとおりです。
 ゲームソフト関連の売上は、「Nintendo Switch」向けの開発売上が伸長した結果、3億43百万円(前年同期比
155.0%増)となりました。
 モバイルコンテンツ関連の売上は、複数のスマートフォン向けゲームにおいて運営業務を着実に遂行し、運営売
上が伸長したものの、前年同四半期に比べて開発売上が減少したことにより、3億93百万円(前年同期比20.4%
減)となりました。
 パチンコ・パチスロ関連の売上は、規制強化の影響により引き続き厳しい受注環境が続くことが予想される中、
適切な人員配置を行うべく、ゲームソフト関連やモバイルコンテンツ関連に多くの開発人員を投入した結果、31百
万円(前年同期比25.1%減)となりました。
 この結果、当事業の売上高は7億68百万円(前年同期比14.5%増)、営業損失26百万円(前年同期は営業損失36
百万円)となりました。

 スマは順調にほぼ全員減収減益への道を進んでいそうと言うか。

 売上高比率はスマがかなり前年同期比で減少しています。
49930TOSE1
 前年同期のゲームソフト関連売り上げが低すぎた感もありますが…
 パチはどうなんでしょうね、カジノに賭けているメーカーも多い訳ですが。

49930TOSE2
 通期業績は前年度比で大幅な売上高の伸長を見込むも、営業利益率がさして改善されていないため売上高が予定通りに上がらないと営業利益は吹き飛んでしまいかねませんね。
 そして発売から4年度目の任プラといったらサードの売り上げが顕著に衰え出すあたりでもありますし。

 国内大手サード各社がハイエンドタイトルの開発を自社で手がけるために募集を強化している最中ではありますが、そんな中でつぶしが利かない、キャリアにもならないスマやニシッチみたいな仕事ばかりだとこの先苦しくなってきそうです。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE (【予約特典】特別仕様パッケージ・デジタルアートワーク&ミニサウンドトラック(オンラインコード) 同梱)
・PS4 3/22 SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE (【予約特典】特別仕様パッケージ・デジタルアートワーク&ミニサウンドトラック(オンラインコード) 同梱)
(Amazon)
 .