49487SQEX
 ルミナスプロダクションを潰す、という訳ではなく大規模タイトルに集中するためとしているのですが、にしてはかなり額が大きいんですよね…
スポンサーリンク


[スクエニ: 2019(平成31)年3月期 第2四半期 決算短信 / 2019(平成31)年3月期 第2四半期連結決算のお知らせ / 特別損失の計上に関するお知らせ](pdf)

1. 特別損失の発生及びその内容
 当社完全子会社である株式会社Luminous Productions(本社:東京都新宿区。代表取締役:松田洋祐。以下、「対象会社」)について、事業方針の抜本的見直しを行い、同社の強みを活かせる大規模高品質ゲームの開発への集中を進めることとしました。これにより、対象会社で開発中であったゲームタイトルに係るコンテンツ制作勘定の処分、無形資産の減損損失等3,733百万円を、平成31年3月期第2四半期において特別損失に計上するものであります。

 ちょっと話が前後して特別損失についてですが、このように説明されています。
 といってもこの会社が設立されたと報じられたのは今年3月の事で、この短期間に37億円も開発費をかけたコンテンツがあるとは考えにくいんですよね。
 何かしらスクエニ側から引き受けた扱いのタイトルがあったのだろうとは思いますが、それが一体何だったのか…

 さて、このような特別損失が織り込まれた結果、スクエニHDの第2四半期決算は売上高が前年同期比15%減の1122.34億円、営業利益が61%減の100.77億円、経常利益が43.6%減の150.15億円、純利益が50.7%減の86.39億円。
 これは大体純利益が前々期よりややましぐらいの水準になったということですね。

○デジタルエンタテインメント事業
 ゲームを中心とするデジタルエンタテインメント・コンテンツの企画、開発、販売及び運営を行っておりま
す。デジタルエンタテインメント・コンテンツは、顧客のライフスタイルにあわせて、家庭用ゲーム機 (携帯ゲー
ム機含む)、PC、スマートデバイス等、多様な利用環境に対応しています。
 当事業における当第2四半期連結累計期間の売上高は82,826百万円(前年同期比18.9%減)となり、営業利益は
13,049百万円(前年同期比50.9%減)となりました。
 家庭用ゲーム機向けタイトルにおいては、前年同期比で減収減益であったものの、新規IPである「OCTOPATH
TRAVELER」や新生トゥームレイダートリロジーの最終作である「SHADOW OF THE TOMB RAIDER」を発売いたしまし
た。
 スマートデバイス・PCブラウザ等をプラットフォームとしたコンテンツにおいては、前期にサービスを開始
したタイトルの多くが当社の想定を下回り、既存有力タイトルの売上高に上乗せをするに至りませんでした。ま
た、ライセンス収入の減少によって、前年同期比で減収減益となりました。
 多人数参加型オンラインロールプレイングゲームにおいては、前年同期に「ファイナルファンタジーXIV」拡張
版ディスクの発売があったことから、前年同期比で減収減益となりました。

 ミリオン自慢していたタコは発売しました。で終わりですか…
 スマ・ブラは数打ちゃ当たる形式を継続していますが、そろそろどうせ売れなきゃすぐ切るんだろうと見られていそうな気もします。

 AM事業とライツ・プロパティ等事業は減収、大幅減益。

 出版はやや売り上げ利益共に増加しているようですね。
 これは紙媒体での販売が減ったものの電子書籍の増加でカバー出来たとのこと。

 という事なのですが、ルミナスプロダクションの事業方針の見直しというのはどういう事なのか…
 そういえばFFXV関連はルミナスプロダクションが引き継いだだろと前の記事で滅茶苦茶突っ込みが入りましたが、FFXV関連のアップデートなども終わらせて、次のFFナンバリングに向け集中していくとかなのかもしれません。

キングダム ハーツIII
・PS4 1/25 キングダム ハーツIII
(Amazon)
 .