49467DLCSPtChi
 これNAGEEEEE注意。
スポンサーリンク


[任天堂: 2011年7月29日(金)第1四半期決算説明会 - 質疑応答]

 (アイテム課金への取り組みについての質問に対し)

 「ソフト作り手としての任天堂はどう考えているのか」についてですが、これについては一度、良いチャンスなので、お話ししておこうと思います。一般的には、「任天堂はアイテム課金に否定的である」、すなわち「任天堂は追加コンテンツやアイテム課金でお金をとるということには全く興味を持っていないのだ」と認識されているかもしれません。このことは、宮本ともずいぶん話をしていることなのですが、例えば「何かのゲームを全部遊び終わったが、もっと遊びたいので、追加ステージがあったらいいな」ということがあった時に、私たちが追加ステージの制作にしかるべき労力を注ぎ込んで、それを後から配信することでそのゲームの寿命が延びたり、話題が増えたり、売上が伸びたりするとしましょう。そうしたら、「そういうものをお客様と折り合いのつく価格で追加コンテンツとして買っていただいても良いのではないか」という話をしています。例えば、将来、任天堂の何かのゲームの追加ステージとして、「これを遊ぶためにはあといくら払っていただけませんか」ということはあって良いのではないかということです。一方で、「これは私たち任天堂がどうしたいのか、という考えであって、世の中の他の会社さんが正しいとか間違っているとかいうことを言いたいのではありません」という意味でぜひ誤解なく聞いていただきたいのですが、私たちの価値観では、「数字のパラメーターだけを触って、何かの鍵を開けるとか、何かがものすごく有利になるとかという形で課金する」ということは、クリエイティブの労力に対する対価ではない全然別の構造なので、それを追求すると確かに短期的に収益は上がるのかもしれないのですが、お客様と私たちの間での長期的な関係はつくれないのではないかというふうに思っていまして、こういう形での課金は、私たちのコンテンツに対してはすべきではないと、いうことも同時に話しています。

 何度見ても目が滑りそうになる。
 これでもそれ以前のゲームは発売時点で完成していないと…という所からすると主張をSwitchしているのですが、スマブラSPは7776円で初回特典のパックンフラワーを含め70キャラが参戦、それに対してDLCの“ファイターパス”は2700円。
 ニシくんなら仮にこれがソフトと同価格でも買う(と口にはする)でしょうからこれは折り合いの付く価格だと言い張る事も可能かもしれませんが。

 しかしこの決算説明会、上の方では“3DSのアンバサを決断出来た任天堂Sugeeeee”みたいな質問まであるのが凄いですよね。
 株主総会じゃなくて決算説明会だからアナリストか経済担当の記者がそれ質問してるんですよ。

絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-
・PS4 11/22 絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-
(Amazon)
 .