49431Segasammy
 パチ関連への締め付けが強まる中、カジノ関連への先行投資を続けるセガサミーですが、この先はどうなる事やら…
スポンサーリンク


[セガサミーHD: 2019年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結) / 補足資料](pdf)

 売上高は前年同期比12.2%減の1710.47億円、営業利益は61.9%減の102.13億円、純利益は62.3%減の67.03億円となっています。

 売上高の減少が顕著なのは遊技機事業で、リゾート事業は赤字継続も損失額自体は横這い、ゲーム事業に関しては売上高がやや増加する一方営業利益が下落。

 デジタルゲーム分野におきましては、新作『BORDER BREAK』(PlayStation®4版)が堅調に推移したものの、上期にサ
ービス開始を予定していたタイトルが一部遅延している他、上期の新作タイトル投入に伴う研究開発費・コンテンツ
制作費等が発生いたしました。
 パッケージゲーム分野におきましては、引き続きリピート販売の貢献により、販売本数は1,118万本(前年同期は865
万本の販売)となりました。
 アミューズメント機器分野におきましては、新作ビデオゲームやCVTキットの販売が堅調に推移いたしました。
アミューズメント施設分野におきましては、新作ビデオゲームの導入や、プライズを中心とした施設オペレーショ
ンの実施により、国内既存店舗の売上高は前年同期比で104.5%となりました。
 映像・玩具分野におきましては、映画の配給収入を計上したほか、玩具において新製品等を販売いたしました。
以上の結果、売上高は1,072億49百万円(前年同期比5.6%増)、営業利益は61億93百万円(前年同期比38.9%減)
となりました。

 この説明だとなんで営業利益が減っているのかはよく分からないですよね。
 実は資料を見ても今一分からないのですが…

49431Segasammy1
 デジタルゲームの売上高が横這いとなる一方で営業利益が損失に転じているのが大きな影響としてあるようです。
 パッケージゲームの営業利益は増えてるんですけどね(旧作販売がメインだからか)。
 AM機器事業はFGOアーケードの販売か何かか売上高は大きく伸びているのですが、営業利益は微減で大差なし。

49431Segasammy2
 セガの「デジタルゲーム」はスマ以外に基本無料のオンラインゲーム…PSO2やボダブレを含む闇鍋状態なのですが、これを見ると月平均アクティブユーザー数は前年同期比で大幅に増加しているものの、それが売り上げに繋がっていないと。
 上位3タイトル(PSO2、ボダブレ、ぷよぷよクエスト)の占有率も低下しているのですが、これは新たに入って来たBORDER BREAKがユーザー数は多い事になっているもののそこまで売り上げてはいないという事なのかもしれません。

49431Segasammy3
 パッケージゲームは全世界で1118万本、の内欧米が1017万本という圧倒的海外比率。
 アジアも日本の半分ぐらいは売り上げていますし、日本の存在感がますます薄くなりますね…
 というかセガのタイトルって欧米で売れているのがフットボールマネージャーやトータルウォーシリーズで、そもそも日本では発売すらされないという。
 セガはゲームスとインタラクティブ、ついでにアトラスでも縦割りなのに地域毎にも縦割りなんだから凄い。

JUDGE EYES (ジャッジ アイズ) :死神の遺言 【初回特典】探偵支援パック プロダクトコード 同梱 & 【予約特典】主人公ボイス詰め合わせキーホルダー 付
・PS4 12/13 JUDGE EYES (ジャッジ アイズ) :死神の遺言 【初回特典】探偵支援パック プロダクトコード 同梱 & 【予約特典】主人公ボイス詰め合わせキーホルダー 付
(Amazon)
 .