49197Ge-HaTS
 審査を経て、というのは公式サイトにも書いてあるんですが、全タイトルPS4に(は)対応という部分との合わせ技でニシくんのSwitch入ったりしないかなあとは思いました。
スポンサーリンク



 桜井政博氏コラムは自らも審査委員を務める日本ゲーム大賞について。

 ゲームデザイナーズ対象は審査委員長を務めているが、今年の対象に選ばれた「Gorogoa」は示し合わせたわけでもないのに複数人が投票しトップになったとか何とか。

 続いてフューチャー賞について、一般投票で特に評価が高かったものに与えると言われる賞ですが審査は必要だと桜井氏、組織票の疑いがあるかどうかとか、実際に完成する見込みはあるかといった部分は見ないといけない、と。
 審査委員としては桜井氏も可能な限り会場で触って判断するとのこと、基本的に列には並ぶので遊べないタイトルも出るそうですが。

 審査は一般公開日初日の夜に審査員が集まり、一般投票の集計結果を見ながら審査するとのことで、談合や忖度が入る余地はなく基本的には投票数が勝負ながら明らかにおかしいもの(試遊出展されていないのに、「プレイしたら面白かった」に票が入っているとか)はどうするかといった部分があるとしています。

 最後は審査があると聞くと疑わしいと幾らでも思ってしまうものなので舞台裏を書きました、としているのですが、そこで逆に疑わしいという話になるのがゲハードですね。



SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE (【予約特典】特別仕様パッケージ・デジタルアートワーク&ミニサウンドトラック(オンラインコード) 同梱)
・PS4 3/22 SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE (【予約特典】特別仕様パッケージ・デジタルアートワーク&ミニサウンドトラック(オンラインコード) 同梱)
(Amazon)

週刊ファミ通 2018年10月18日号
・週刊ファミ通 2018年10月18日号
(Amazon)