49183AcedenHab
 それも本来なら任ダイで先に明らかになっていたもの、という事でおまけ程度の扱いですしね。
スポンサーリンク


via ■■速報@ゲーハー板 ver.49187■■

[gamesindustry.biz japan edition: 【月間総括】PS4とSwitchのマルチ対応が定着か。東京ゲームショウ2018に見る業界のトレンド]

ライター:安田秀樹
 TGSについて…とタイトルに書きつつ最初にFortniteのマルチプレイデー、ソニーガーとか言い出すゲハの極北、ゲハノース。

 エース経済研究所では,クロスプレイの問題はPS4の販売に
エース経済研究所では以前からVRは普及しないだろうと予測しているが,
 今回の考える経済研究所は2回とこれまでよりも少なめでした。

 さて東京ゲームショウである。
 昨年と比べての大きな変化はNintendo Switch向けの出展が大きく増えたことである。国内の累計台数は500万台前後となり,PS4と合わせたHD対応機器プラットフォーム総数は1300万台程度と推計される。従来のPS4単独だけでなく,Switch対応を進めると一段と利益率が拡大する水準になってきたことが大きな要因である。
 今後も,この動きは強まるだろう。実際,ゲームショウに先立って行われた「PlayStation LineUp Tour」「ニンテンドーダイレクト」でもマルチタイトルが目立つ結果となった。
 多くのサードパーティは,任天堂プラットフォームにマルチ対応していなかったことから,タイトル数が相対的に増える要因になっている。

 相対的。
 そもそもWiiやWiiUがアレで任天堂自身独占タイトルを重視する買取保証を行っていたものが、それすら出来なくなってサードに逃げられていたんだから“相対的にマルチタイトルが増えている”とは言えるんですけどね。

 とりあえずPSLTで取り上げられたタイトルを振り返ってみましょうか。

[[カンファ]2018/9/10 「PlayStation LineUp Tour」まとめ: サムスピ新作発表、龍スタジオ新作「ジャッジアイズ」12/13発売など]

・Project Awakening
・Kingdom Hearts III
・KINGDOM HEARTS VR EXPERIENCE
・スタジオイストリア新作
・ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル リマスター(NSwマルチ)
・MONKEY KING HERO IS BACK
・キャラバンストーリーズ
・Dogfighter
・Days Gone
・GOD EATER 3
・荒野行動
・Call of Duty Black Ops III
・Earth Defence Force: Iron Rain
・GHOST OF TSUSHIMA
・バイオハザード2:RE
・Dead or Alive 6
・SAMURAI SPIRITS
・JUDGE EYES: 死神の遺言
・SEKIRO: Shadows Die Twice
・LEFT ALIVE
・GUNGRAVE GORE
・LoveR
・Astro Bot Rescue Mission
・デラシネ他PSVRタイトル数本
・みんなのGOLF VR

 最後にちょっとずつ映像が出ていたタイトルも、ジャンプフォースなどニシッチには出ないタイトルだらけですし。

 “サードのタイトルにマルチプラットフォームのタイトルが多い”
 というだけなら嘘ではないんですが、それは近年始まったようなものではありませんし、
 “だからニシッチマルチが定着する”
 というのは飛躍しているし事実でもないですよね。

 では次に任ダイを振り返ってみましょうか…大分面倒くさくなってきた。

[[直接]Nintendo Direct 2018.9.14軽くまとめ: マリオUやWOFF、FF7,8,10,-IIリマスタなど移植多数。どうぶつの森新作も]

 とりあえずニシッチ向けタイトルに絞るとして、

・ルイージマンション3
・Splatoon2
・Go Vacation
・ロックマン11(PS4マルチ)
・マリオテニス エース
・ビリオンロード
・カプコンベルトアクションコレクション(PS4マルチ)
・NewスーパーマリオU DX
・塊魂アンコール
・任Dies数本
・Assassin's Creed Cloud Version(ゲハのコピペ「PS4で遊べないタイトルリスト」に加えられていたような気がする)
・ポケットモンスター Let's Go!
・Diablo III: Eternal Collection(PS4マルチ)
・スーパーマリオパーティ
・TOWN仮
・Cities: Skylines ニシッチエディション(一応PS4マルチ)
・DAEMON X MACHINA
・ヨッシークラフトワールド
・近日発売予定タイトル群(PS4マルチもある)
・FFCCリマスタ(PS4マルチ)
・チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ(PS4マルチ)
・FFVII、FFIX、FFX|X-2、FFXII TZA、FFXV PE、WOFF(PS4マルチ)
・大乱闘スマッシュブラザーズSP
・どうぶつの森

 …マルチタイトルが目立ってたって、どこで?
 印象での話であれば水掛け論ともなりかねませんが、紹介に割いていた時間といい“マルチタイトルが目立っていた”とは言えないと思うんですけどね。
 ニシくんにとっては脱P、新作と喜んでいたら片っ端からマルチだったりして冷や水をかけられた、という印象が強いのかもしれませんが、一応バンナムから任取ったタイトルはニシッチ独占でしょうに。

 TGS絡みでもこれだけスイッチングハブされているのを目の当たりにしていながら
 “これからはPS4とニシッチマルチが標準になるからもっとソフトが来るに違いない”
 とか自分に言い聞かせる気分は如何ばかりのものなのか。
 ゲハで見てきた現実を将来の予想(だと経済研究所では考えているもの)に統合してるようじゃ分析もクソもあったものではないですね。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE (【予約特典】特別仕様パッケージ・デジタルアートワーク&ミニサウンドトラック(オンラインコード) 同梱)
・PS4 3/22 SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE (【予約特典】特別仕様パッケージ・デジタルアートワーク&ミニサウンドトラック(オンラインコード) 同梱)
(Amazon)
 .