48990Talesof
 という事で、現在の富澤Pは家庭用新作を出す事に注力しているそうです。
スポンサーリンク



 タイトルの通りテイルズシリーズに関するインタビューで、TOVリマスタ版のプロデューサーである富澤祐介氏と、オリジナル版チーフディレクターの樋口義人氏へのインタビューが掲載されています。

・TOVリマスター版の発売は現行機で遊べないシリーズタイトルが多くなった状況と、海外同時展開、ニシッチやPCへの展開を狙ったものと富澤P
・PS3版は海外からも長くラブコールを受けていた作品だったと樋口氏
・PS3版からの追加はないが、360版しかプレイしたことのない人には追加キャラやイベント、フルボイス化が新要素と言えるかも、と樋口氏
・解像度はハードによるがフルHDを前提に、バトル以外も全編60fps化
 …前世代ゲーがフルHDにも出来ないハードとは一体何ッチなんだ。
・アニメはアップコンバート、カットシーンはリアルタイムなので高解像度に
・ソースコードは残っていたが独特の作り方だったので苦労した部分もあると富澤氏
・樋口氏は移植作業にはノータッチ、当時のスタッフの助けも借りながら移植

・原点となる作品を味わって貰う機会を作る事も必要かと思っていると富澤P、それがリマスタなのかリメイクなのかは分からないとしつつも、リクエストに応じ企画したいと
・家庭用新作を含め、家庭用ゲーム機向け展開における新プロデューサーとして富澤氏が取り組む予定
・家庭用でシリーズ新作が暫く出せていないので、まずは家庭用に1本新作を出す事に注力
・「テイルズオブクレストリア」には直接関わってはいないが、オールスター系とはまた違う完全新規ストーリー作品に
・家庭用新作についてはまだ何かを話せる状況ではないが、ブランド価値やファンが感じている魅力について長い時間話し合いを進めてから開発に望んでいると富澤P
・家庭用新作の開発はバンダイナムコスタジオ
・樋口氏は別作品を手がけているが、富澤氏がスタッフと密にコミュニケーションを取りながら進めている所を目にする、とも
・ファンの要望も取り入れていきたいと富澤氏

 等々。

 ちなみにスマ「テイルズオブクレストリア」の情報も掲載されていますが、ビジョンオーブで行動を監視されている人々が公開裁判にかけられ、投票で有罪となると執行者に断罪される世界が云々、主人公「カナタ・ヒューガ」(天崎滉平)のキャラデザは藤島康介氏。
 コンセプトティザーを制作した中田ヤスタカさんの他、映像を制作した神風動画でリアルロリゲットとか小島韓国とかゲハ板に書き込んでいた人とは何ら関係ないらしい水崎淳平社長や、横嶋俊久さんのコメントも掲載されています。



テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER 10th ANNIVERSARY EDITION【早期購入特典】 「スペシャルドラマチックスキット~祝! 10周年記念篇~」が視聴できるシリアルコード (封入)
・PS4 1/11 テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER 10th ANNIVERSARY EDITION【早期購入特典】 「スペシャルドラマチックスキット~祝! 10周年記念篇~」が視聴できるシリアルコード (封入)
(Amazon)

週刊ファミ通 2018年9月27日号
・週刊ファミ通 2018年9月27日号
(Amazon)