48922Walkman
 A50シリーズは多色展開に。
スポンサーリンク


[ソニー: こだわりの高音質化設計により、様々な音源を表現力豊かに再生するウォークマン®新発売 ~スマートフォンの音楽も高音質で楽しめる「Bluetooth®レシーバー機能」※1も搭載~]

※1:「Bluetoothレシーバー機能」使用時は、ウォークマン®とヘッドホンをケーブルでつなぐ必要があります。『NW-A55WI』については、『WI-H700』に付属の有線ヘッドホンケーブルを接続することで使用可能です。

 A50シリーズは10/6発売予定で、容量16GBのA55~64GBのA57まで、16GBと32GBモデルにはヘッドホンセットモデルも展開。
 従来容量によってカラーリングの展開に差がありましたが、A50シリーズではムーンリットブルー、ペールゴールド、グレイッシュブラック、トワイライトレッド、ホライズングリーンの5色を全モデルで展開。
 といっても欲しいカラーがあればさっさと買っておかないと選択肢が減っていく可能性はありそうですが。(在庫的に)

 デジタルアンプのS-Master HXの他、アップスケーリング機能のDSEE HXはAI搭載でより高精度のアップスケーリングが可能になったとされています。
 この他、アナログプレイヤー特有の音響現象を再現する「バイナルプロセッサ」も搭載されているとか。

 デザイン的にはWM1シリーズやZX300シリーズを踏襲し側面に操作ボタンを配置。
48922Walkman1

 価格は16GBのヘッドホン無しモデルの税抜き2.2万円~64GBのヘッドホン無しモデルの3.7万円まで。

 ZX300シリーズには内蔵メモリが128GBとなり、Bluetoothレシーバ機能とバイナルプロセッサを搭載する「NW-ZX300G」を新たに発売すると発表。
 価格は税抜き8万円前後。
 これらの機能はWM1シリーズとZX300無印にもアップデートで対応される予定との事。

 また、音楽転送ソフト「Music Center for PC」のアップデートで画面のUX/UIを刷新し操作性を向上させるとのこと。
 何故かMedia Goより退化していた訳ですが、アップデートで少しはましになるんでしょうか。

SONY デジタルオーディオプレーヤー ウォークマン WM1シリーズ ブラック NW-WM1A B
・SONY デジタルオーディオプレーヤー ウォークマン WM1シリーズ ブラック NW-WM1A B
(Amazon)
 .