48817TheDivisionII
 アサクリオデッセイもそうでしたが意外に予約開始まで時間がかかりましたよね、こちらも。
 ちなみにこの記事はフラゲ記事で書いていた件で、国内における実在が確認されてもいない(Xb1で今も遊んでいる)チカくんを叩こうというゲハ脳の恐怖、ストローマン記事でもあるのです。
スポンサーリンク


[PS.Blog: 来年3月15日発売『ディビジョン2』DL版の予約受付開始! 3日間の先行アクセスが可能な豪華版も登場!]

 PS.Blogの記事は昨日の昼ぐらいには公開されていたと思いますが、デジタル版の予約に続いてパッケージ版の予約も始まっていたのでした。
 勿論PS4版のみ。

 ところで今週発売の週刊ファミ通には「ローカライズの裏側」なる特集記事が掲載されていまして、その中でユービーアイソフト株式会社(国内法人)の辻良尚氏へのインタビューも掲載されているんですが、その内容は基本的に日本でUbisoftのタイトルを支えてくれるファンへの感謝の言葉が多いんですよね。
 UBIDAYの盛り上がりを見た他国の関係者が、自国でもパブリッシャ独自イベントを開催しようか検討している、R6Siegeのアジアパシフィック決勝がUBIDAYに合わせ日本で開催されるのは日本での盛り上がりが故、音声までローカライズが行われているのは日本を含め7-8ヶ国程度だが、それも日本のユーザーがUbisoftのタイトルを買ってくれているから、今後もこの状況(音声ローカライズまでした上で世界同発)を維持すべく努力したい…

 といった具合に、Ubisoftのソフトをよく支えるファンが付いているようなのです。PS4には。
 他方Xbox Oneのユーザーはどうなんでしょうか、R6Siegeのマッチングが成立しないという話はごく希に聞こえてきますよね、そもそも人がいないから声も出てこないのは当然なのですが。
 絶対数が少なすぎるのは勿論、チカくんに至っては日本法人に金は払わんとか言い出す始末でもうどうしようもない。
 パッケージ版が出なくなるのも当たり前じゃないんでしょうか
 DL版が出ているだけまだ温情措置という部分はあるんですけど。

 国内においてはXboxが最早二進も三進も行かない状況にあり、支えても無駄だと思う人が出ても仕方ない部分はあるかもしれませんが、それでもXb1が捨てられないというなら最低限国内で展開してくれているパブリッシャに金を出すぐらいはした方が良いんじゃないですかね。

 でもやっぱりXb1でゲームやってるチカくんなんてもうほぼいないでしょうしね…
 PS4ユーザーに関してはDetroit特集でもQuantic Dreamの人達から非常に日本での反応が良かったとコメントされていましたし、今後も引き続き欲しいゲームにはお金を出すという行動を続けていって下さい、という事で。

ディビジョン2 ゴールドエディション 【先着予約特典】 プライベートベータアクセスコード + キャピトルディフェンダーパック 配信
・PS4 3/12 ディビジョン2 ゴールドエディション 【先着予約特典】 プライベートベータアクセスコード + キャピトルディフェンダーパック 配信
(Amazon)

週刊ファミ通 2018年9月6日号 雑誌
・週刊ファミ通 2018年9月6日号 雑誌
(Amazon)
 .