48800CPCM
 カプコンの歴代首位となっただけでなく、国産サードタイトルでもトップクラスの実績となりそうです。
スポンサーリンク


[カプコン: 『モンスターハンター:ワールド』が全世界で1,000万本を突破! ~ コンシューマ版に加え、「Steam」向けに配信を開始し、カプコン史上初の大台を達成 ~]

株式会社カプコンは、PC版『モンスターハンター:ワールド』のPC向けゲームプラットフォーム「Steam」への配信を開始し、コンシューマ版と合わせて全世界で1,000万本出荷(ダウンロード版販売実績を含む)しましたのでお知らせいたします。

「モンスターハンター」シリーズは、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲームです。「友人と協力して強大なモンスターに挑む」という通信協力プレイが新たなコミュニケーションスタイルを確立し、「モンハン現象」と呼ばれる社会現象を巻き起こしました。2004年に第1作を発売して以降、14年を経た今なお確実にファンを増やし、最新作『モンスターハンター:ワールド』は1,000万本※を突破し、シリーズ累計販売本数5,000万本※を誇る大ヒットシリーズに成長しています。※2018年8月20日時点

この度『モンスターハンター:ワールド』を、世界中で利用される「Steam」向けに配信を開始し、より多くの地域で幅広いユーザーに訴求した結果、発売から半年以上経過した今も好調なセールスを続けるコンシューマ版と合わせて、カプコンにおける単一タイトルとして史上最高の出荷本数を更新し、1,000万本の大台を達成しました。

当社は、マルチプラットフォーム展開を基本戦略としており、これまでも人気シリーズを複数のハードに投入しブランド力を高めてまいりました。今後も、全世界の幅広いユーザーの皆様に満足度の高い作品を提供できるよう努めてまいります。
 カプコンは以上のようなリリースを発表しています。
 単独タイトルとしてはダントツ、シリーズ販売本数も上にはバイオハザードシリーズのみという事になっていますね。

 …Wii→3DSでイグイグしていた頃もこの“マルチプラットフォーム展開を基本戦略と~”って書いていたのは何かのジョークなのかもしれませんが、結局あの10年がシリーズIPにとっては大きな損失になっていたという事でもありますね。
 その期間あってのMHWの飛躍ではあるのかもしれませんが、順調に行っていれば更なる高みにあったかもしれないのに。

 たらればーの話をしても仕方ないですけど。
 これで任天堂が買取保証による完全独占を実現するハードルは極めて高くなりましたし、バイオハザードのように普通にマルチ展開をしてくれるようになれば良いのですが。

BIOHAZARD RE:2 Z Version 【数量限定特典】特別武器「サムライエッジ・クリスモデル」「サムライエッジ・ジルモデル」が入手できるプロダクトコード 同梱
・PS4 1/25 BIOHAZARD RE:2 Z Version 【数量限定特典】特別武器「サムライエッジ・クリスモデル」「サムライエッジ・ジルモデル」が入手できるプロダクトコード 同梱
(Amazon)
 .