48781NHNS
 FGOのお陰デー、フォートナイトのお陰デー、任天堂のお陰デー、と悔しさを抑えきれない内容になっています。
スポンサーリンク


[エース証券 - アナリストレポート: 2018/08/15 取材レポート ソニー (東1:6758)](pdf)
担当:安田 秀樹

 同日に発表されたのに何故か任天堂より半月遅れとなった決算関連記事、“決算速報”ではなく取材レポート扱いとなっているようです。

 ちなみに目標株価はDCF法で~というのが決まり文句になっているのですが、それで7974株価が7万円近くになるって無理ない?
 ひょっとして任天堂自身の業績予想すら無視した自分予想を当てはめているのでは…

「Fate Grand Order:Fate GO」が好調だった音楽事業が
 どうしても書かずにはいられないFGOガー。
 FGOの貢献が大きいとは言っても音楽分野の売上高の半分も占めていないですし、音楽分野全体でもゲーム分野の1/3程度の売上高、半分未満の営業利益なのですが。
 タイトル無視で書くのは癖なんですかね、一応公式サイトはFate-goとはなっていますが公式にもFGOが略称だし、:で分けていたりもしないのですが。

 エース経済研究所では、第1 四半期の好調は自社タイトルに加えて、米エピック社の「フォート
ナイト」が寄与したと考えている。
 はい考える経済研究所。
 Fortniteの貢献が大きかったのもこれまた事実ですが、それだけで他社を大きく突き放す要因にはならないわけです。
 これに続けて書いているように、スマートフォンからゲーム機までの全機種マルチ状態な訳ですから。

マネジメントの軌道修正によって、エース経済研究所では現時点で同社のゲーム事業の問
題は解消されたと考えている。
 これ、負けを認めているようでいて“俺(経済研究所)の提案した方向に修正したから問題が解消した”と言いたがってるんですかね…
 明らかにエース田さんの寝言とは関係ない訳ですが。

 コンシューマゲーム市場は一時期、スマートフォンゲーム市場の拡大で大幅な縮小が懸念され
ていたが、任天堂の「Nintendo Switch」の発売で多くの顧客の関心を再び惹きつけ、コンシュー
マゲーム市場は再び、世界的に盛り上がってきていると考えている。
 ゲイムギョウ界の盛り上がりはニシッチのお陰だとPS4好調で業績好調なソニーを分析しているはずのレポートで言い出す経済研究所。

 後はPS5は2019年末に出ると思うけど電子部品ガー、という話もしているのですが、その部品が積層セラミックコンデンサて。
 エース経済研究所では現時点で、PS5 の投入は2019 年末との想定を変えていないが、村田製
作所、TDK のレポートでも指摘し、会社側も今後の事業リスクとした積層セラミックコンデンサ
(MLCC)の世界的な需給ひっ迫を懸念している。
 経済研究所(懸念する)。

 そこは普通7nmプロセスの大量生産とGDDR6の供給が可能になる時期が問題になると書くべき所なんじゃないですかね。
 これも、ある程度Fabが動く時期が明示されている半導体を理由にすると
 “2019年にPS5が出るから今はPS4を買うな時期が悪い”
 と主張しづらくなるという理由から言ってるのかもしれませんが。

Marvel
・PS4 9/7 Marvel's Spider-Man【初回生産限定特典】「スパイディ・スーツ」、追加スキルポイント、スパイダー・ドローン早期解放、PS4カスタムテーマ、PlayStationNetworkアバター (封入)
(Amazon)
 .