48665GDC
 一行にまとめるとマジでこんな感じになるんですが、ところでサムネは今年のGame Developer's Choice AwardsでBest Visual Artを受賞したタイトルとノミネートされたタイトルです。
 それはそれとして決算はどうしたアナリスト(自称)。
スポンサーリンク


[gamesindustry.biz japan edition: 【月間総括】フォトリアルからの脱却? ドット絵やアニメ絵ゲームの世界進出が始まる]
[2018/08/01 00:00]
ライター:安田秀樹
 4gamerと同じくurlで執筆した日が大体推定出来るんですが、これ7/27…初めからソニーと任天堂の決算から逃げる気満々ですね。
 …エース証券のアナリストレポートを見たら任天堂についてはまた滅茶苦茶な…これについては別記事にて。

 さて、まずは自分を経済研究所と勘違いしている回数カウントですが、

エース経済研究所が想定していた

 エース経済研究所では,(中略)という話を耳にする。
 話を聞く経済研究所。

英国は,世界でも珍しい任天堂プラットフォームがあまり強くない地域であり,
 別に英国は任天堂プラットフォームが欧州各国に比べ弱い―じゃなくて「あまり強くない」ですか―という地域じゃないですよ?
 そこで上位に入った凄い凄いーってその記事書いた7/27の時点で2週目に滅茶苦茶ランキング落としたのは把握していますよね、おまけに英国では任天堂タイトルだ。

欧米では,フォトリアルタイトルでないと大量に売れないことはもはや常識である。
 …?

 ただ,やはり例外が存在する。それは,任天堂タイトルである。(中略)このことを考えると,欧米でも必ずしも「フォトリアルでないと大量に売れない」というわけではないことは分かる。
 ……サムネ画像はどちらも任天堂タイトルではありませんし、常識とされているってどこで常識なんですかね。

(オクトパストラベラーは)ヒアリングによるとAAAタイトルほどのコストはかかっていないそうだ。
 またヒアリ。

国内の初週が10万を超えたことでエース経済研究所が想定していた世界で80万本程度の出荷は大きく上回ることになろう。
 この人、前にこの連載だったかで“PS4の販売比率は国内1に対し海外10以上なんだからMHWはそれ以上の比率で売れないと失敗”とか意味不明な事を書いていたんですよ。

 むしろ,多額の開発費とプロモーションコストを掛けられるAAAメーカーが生き残りを目指すというビジネスモデルは陳腐化する可能性が高い。
 OCTOPATH TRAVELERは,新しい時代の先駆けかもしれないのである。
 要約すると“任天堂が付いていけないから陳腐化してクレクレ”という話でした。

※先月の記事中で使用したタイトル名に一部誤字がありました。今後は同様なことが起こらないよう、校正を進めたいと思います。申し訳ございませんでした。
 ポケモン劣後ーは誤字だったらしいですね…

キングダム ハーツIII
・PS4 1/25 キングダム ハーツIII
(Amazon)
 .