48382SenKisekiIV
 新旧VII組+αが勢揃いしたビジュアルが公開されています。
スポンサーリンク


[公式サイト]

 新ビジュアルが公開。
48382SenKisekiIV1
 立場的に重要な役回りのエマとガイウス、ミュゼも小さめなのでキャラクターの大きさが扱いの大きさというわけではないのでしょうが、リィンと並んでクロウが描かれています。

■キャラクター

●リィン・シュバルツァー
48382SenKisekiIV2a
Rean Schwarzer / CV:内山昂輝

「それでも最後まで諍うと決めた。──俺が、俺自身であるためにも!」

灰色の騎士
48382SenKisekiIV2b
48382SenKisekiIV2c

オズボーン宰相の実子だが、とある事情によりシュバルツァー男爵家の養子として育った青年。

《八葉一刀流》の使い手であり、“鬼の力”を内に秘めたリィンは帝国内戦後、《灰の騎神ヴァリマール》を駆る《灰色の騎士》として帝国内で英雄視されるようになった。

トールズ卒業後は新設された《第II分校》の教官として赴任。

そこで、一人の教官として、迷い悩む生徒達を導きながら新旧《VII組》の力を合わせて帝国の危機に立ち向かっていくが……

暗躍する者達の罠により、自らの手で世界の“終焉”の口火を切り、囚われの身となってしまうのだった。

●クロウ・アームブラスト
48382SenKisekiIV3a
Crow Armbrust / CV:櫻井孝宏

「だから言ったろ ?――“利子”は返すってな。」

蒼の騎士
48382SenKisekiIV3b
48382SenKisekiIV3c

士官学院でリィンたちとともに学院生活を過ごした、頼れる先輩にしてよき仲間。

ギャンブル好きのお調子者だが、実は故郷ジュライ市国を併合したオズボーンに復讐を誓い、裏ではテロ組織《帝国解放戦線》のリーダーとして動いていた。

内戦終盤で敵対していたリィンたちと和解、ともに《緋き終焉の魔王》を倒すも、致命傷を負ったクロウはリィンたちに言葉を残し、そのまま息を引き取った。

――しかし、《地精》の企てによって仮初の命を与えられたクロウは“不死者”《蒼のジークフリード》として復活。過去の記憶を失ったまま、《地精》の命令に従って動いていた。

帝都での《巨イナル黄昏》発動と同時に封じられていた“クロウ”の記憶が蘇ったようだが……?

 エマがリィンを助けに行ったり?クロウとエマが並んでいるシーンなどは今週公開されていませんが、来週辺りになるのかもしれません。

[ファミ通: 『英雄伝説 閃の軌跡IV』前作の結末から安否不明だった主人公リィンと、“復活”したクロウを紹介!【先出し週刊ファミ通】]

 2頁だけなので載せられなかった写真をファミ通が先出しで見せていたりもしますが…これ電撃PSには載ってるんですよね。
48382SenKisekiIV5a
48382SenKisekiIV5b
48382SenKisekiIV5c

 どういう経緯かは不明ですが、元S級遊撃士の人も帝国に参戦するとか。
 リベール王国が帝国に、となると当然あの辺の人の絡みがありそうですが。

■キーワード

●騎神(デウス=エクセリオン)
48382SenKisekiIV4
かつて、焔と大地の至宝の衝突によって発生した強大過ぎる力《巨イナル一》を封じ込めるために《魔女》と《地精》が協力して造りだした、騎士の姿をした7体の人型有人兵器。

7体の騎神にはそれぞれ《巨イナル一》の力が封じ込められており、各個体が起動者と感応することで超越的な力を振るう。

如何なる理由か、騎神は帝国で大きな戦いが起こるときに現れ、その圧倒的な力で争いを収め、ときには破壊を引き起こしてきた。

現在までに灰、蒼、緋、紫、銀、黒の6体の騎神とその起動者が判明しているが、最後の1体《金の騎神》のみ、その存在がいまだ確認されていない。

 金の騎神について情報が出ていませんが、今作では7体が勢揃いするとの事。


英雄伝説 閃の軌跡IV 永久保存版
・PS4 9/27 英雄伝説 閃の軌跡IV 永久保存版
(Amazon)
 .