48096KiSenkiIV
 特務支援課組は前作より活躍する場面が増えるみたいですね。
スポンサーリンク


[公式サイト]

■キャラクター

●ティオ・プラトー(水橋かおり)
48096KiSenkiIV1a
「エイオンシステム――リミットブレイク。月までぶっ飛ばしてやります!」

エプスタイン財団・研究主任
48096KiSenkiIV1b
48096KiSenkiIV1c

エプスタイン財団支部の若き研究主任にして並外れた感応力を持つ《特務支援課》メンバーの一人。

帝国によるクロスベル占領後、一旦は財団本部へと戻ったがその後、クロスベル支部の研究主任として着任。

帝国軍情報局の監視を受けながらもRFグループのアリサに協力して結社の潜伏先を特定したり、第II分校に出向したランディと連絡を取り合うなどクロスベル解放に向けて水面下での動きを見せていた。

帝都での異変以降、消息不明となっているようだが……?

 ランディらもその行方を掴んでいなかったものの、意外な所で登場するとか。

●ランディ・オルランド(三木眞一郎)
48096KiSenkiIV2a
「ブチかましてやるとしようぜ!“支援課魂”ってヤツをな――!!」

トールズ第II分校 《VIII組・戦術科》担当教官
48096KiSenkiIV2b
48096KiSenkiIV2c

気さくで頼り甲斐のある、トールズ第II分校《VIII組・戦術科》の担当教官。

もとは大陸最強と謳われる猟兵団《赤い星座》の猟兵だったが、団を抜けた後、クロスベル警備隊を経て《特務支援課》メンバーとなりロイドたちと数々の難事件を解決した。

クロスベル占領後、ルーファス総督の策謀によって半ば無理やり第II分校へと出向。そこで出会ったリィンらと友情を育みながら、クロスベル解放への道を模索し続けていた。

帝都での異変発生時、危機に陥った第II分校の生徒達を助けようと奮戦していたが……。

 「特務支援課」メンバーとして動く他、第II分校の教官でもあるという立場からユウナたちを手助けしてくれたりもするようです。
 また猟兵時代の武器を持っている画面写真も公開されていますが…


■システム

●機甲兵召喚
48096KiSenkiIV3a
48096KiSenkiIV3b
 騎神の起動者以外の第II分校メンバーも機甲兵を攻撃技として召喚することが可能に。

●ロストアーツ
48096KiSenkiIV4a
48096KiSenkiIV4b
 閃の軌跡II以来の「ろすとあーつ」が復活、全EPと引き替えに発動する強力な導力魔法で、その効果は刷新されているとのこと。
48096KiSenkiIV4c
48096KiSenkiIV4d

●オートモード
48096KiSenkiIV5
 新たに自動戦闘モードを搭載。基本的に通常攻撃を繰り返す簡単な物ながら、リンクアタックも自動で発動してくれるとの事。


 今回発表された情報はこんな感じですね。
 ロイドら特務支援課パートは本筋と別に展開する部分が多いらしいので、かなりのボリュームとなりそうです。

英雄伝説 閃の軌跡IV 永久保存版
・PS4 9/27 英雄伝説 閃の軌跡IV 永久保存版
(Amazon)
 .