48095Acedenn
 前記事にある通り先行ソニーガーでワンクッション置いているのですが、ニシくんからの扱いはどうなるか。
 “形仮説”はどこでも遊べるというイメージの事だから~とか言い出す始末。これはひどい。
スポンサーリンク


via ■■速報@ゲーハー板 ver.48094■■
[GamesIndustry.biz 日本版: 【月間総括】21万本を売り上げた「Nintendo Labo」は何に失敗したのか]

ライター:安田秀樹

 再度,明言しておくが,「Nintendo Labo」は戦略的には失敗といって差し支えないと考えている。そのうえで気になる点がある。それは,Switchの魅力とは何か? ということである。
 任天堂にヒアリングすると,Switchの魅力を引き出したとしているタイトルとして挙げているのは,「1-2-Switch」「ARMS」,そして「Nintendo Labo」である。お気付きだろうか? 任天堂自身がSwitchの魅力を引き出したとしているタイトルは販売が今一つなのである。

 (中略)

 任天堂に対するヒアリングから,このように想定と逆のことが起こったのは,同社がSwitchの魅力をJoy-Conにあると考えていたためと見ている。任天堂は,Joy-Conに搭載されたセンサーこそがSwitchの付加価値の源泉と考えていた。しかし,プレイヤーは「いつでも」「どこでも」,据え置き画質ゲームを遊べることを魅力としているのではないかということである。
 任天堂は,この点を早急に検証する必要がある。プレイヤーがJoy-Conではなく,プレイスタイルの自由度を評価しているなら,ゲームソフトからマーケティングまで,抜本的な対策の見直しが必要となるだろう。

 “エース安田これ…信仰心落ちてきてね?”
 “WiiUは失敗じゃないって言い張っていた頃の安田とはまるで別人だね”
 “結局ソニーガーしてるからまだ深い”
 “こんなの安田じゃない”

 ニシッチを主に買っているのはコアゲーマーじゃなくてコア任天堂ファンですが、その辺には大体売れたからそれ以外のユーザーに売ろうとしたのだろう、というのは誰でも考えられる話ではありますね。
 そして任天堂はそれに失敗した訳ですが。
 つまりニシッチの“形”、コンセプトに魅力がないって事ではないのですか。

 故山内氏が言っていた通り、“ゲーム機はやりたいソフトがあるから仕方なく買うもの”…ましてニシッチみたいなクソハードであれば尚更でしょう。
 いつでも、どこででも遊べるのが重要だというなら、本体から直接映像出力が出来るようにしてより小型軽量化、また省電力化に努めてまともな携帯機として成立する物を目指す必要があるはずですよね。

 ニシッチを買っているユーザーは“いつもの任天堂ソフト”を求めてるんでしょうに。
 PS4ガーPS5ガーのため、苦し紛れにソフトはハードのヒットに関係ないとか言いだしてしまったばっかりに。

Marvel
・PS4 9/7 Marvel's Spider-Man【早期購入特典】「スパイディ・スーツ」、追加スキルポイント、スパイダー・ドローン早期解放、PS4カスタムテーマ、PlayStationNetworkアバター (封入)
(Amazon)
 .