48010SPSfour
 2020年度は今年度の目標より下がっているのですが、従来赤字を出していた世代交代期にも安定した利益を出せる事を目標としているとのこと。
 …という事で、やはりPS5の発売は2020-2021年度辺りとなりそうですね。


スポンサーリンク


[Sony IR Day 2018]
[ソニー: 関連資料 ゲーム&ネットワークサービス分野 / 音楽分野(SME) / 音楽分野(SMEJ)](pdf)

48010SPSfour1
 2017年度(2018年3月期)の総括として、PS4の販売台数は7900万台、PSNの月あたりアクティブユーザーは8000万人以上で、そのゲームプレイ時間は総合計で週あたり8億時間以上、つまり1人平均週に10時間程度は遊んでいるという事になるようです。

48010SPSfour2
 VR市場成長率は期待を下回り、クラウドテレビは競合が激化、フォワードワークスはやはり開発が遅れているようです。

48010SPSfour3
 2018-2020年度の事業戦略としては独占タイトルの充実、更なるPSプラットフォームの普及促進とアクティブユーザー獲得、周辺サービスの成長を目指すとのこと。
 地味に?Death Strandingもファーストの独占タイトル扱いになっていますね。
 新生コジマプロダクション設立当初はPS4/PCでの展開を目指すような話を小島秀夫氏がしていたと記憶していますが、その後Guerrilla Gamesのゲームエンジン採用が決まったという経緯もありますし、SIE的にはファーストパーティに準ずる扱いとなっているのかもしれません。

48010SPSfour4
 様々なジャンル、形態のゲームを提供しユーザーがPSプラットフォームに触れる機会を増やすと。

48010SPSfour5
 また選んで貰えるプラットフォームの提供、ユーザー増によるエコシステムの強化、PS+の充実による更なる加入会員数増、IP強化の好循環を図り、それによるアクティブユーザー数の増大、それに伴う収益の拡大を狙う、と。

48010SPSfour6
 ゲーム分野への参入以来の営業利益トレンドですが、これまで世代交代の時期に赤字を出していた営業利益の大幅変動を抑え、安定的なキャッシュフロー創出を目指すと。

48010SPSfour7
 2018年度の、2017年度と比較しての営業利益増減要因について。
 PS4はライフサイクル終盤に入ってくるとのコメントで、出荷数量減による減益を予想しているのですが…ここで気になるのは“コスト増加等による”減益ですよね。
 2017年度の営業利益増減要因で、PS4のコスト減が営業利益増の要因として挙げられているんですよ。
 想定出来る要因としては値下げという可能性がまず上げられますが、そこはどうでしょうかね…販売台数も保守的な予想ですし。
 ソフトやネットワークの売り上げ増加が増益に貢献し、中長期的な研究開発費や販管費の増加が減益要因となるも、全体としては前年度を更に上回る営業利益を出す見込み、と。

48010SPSfour8
 2020年度の営業利益目標については、従来の据置機ライフサイクル終盤よりも業績を安定させ、従来のピーク以上の営業利益を狙っていく、といった話をしていました。

48010SPSfour
 そして最後に“いくぜ、1億MAU”ですね。


 うわエース田さんが質問しててキモい。
 あの声で“トロの復活に期待しています”とか言われてもちょっと。

 別の人ですが、次世代機についても言及、勿論次世代機については話せないが、この中期はキャッシュフローを作り出しつつ次の飛躍に向けて屈む時期であるとか何とか。
 他にはPSVRについて、期待は下回っているため再編成?か何かのコメントをしていましたが、市場の成長は続いているため投資は継続するような話をしていたような。


 おまけ: 音楽分野について。
 説明と質疑応答はこの後の予定ですが…

48010SPSfour9
 SME全体の売り上げ構成比は音楽制作が57%、音楽出版が9%、映像メディア・プラットフォームが34%。
 最後の部分がアニプレックス…要はSMEのスマゲーが含まれている部分ですね。

48010SPSfour10
 これが株SME(国内子会社)になるとアニメとスマゲーで過半の売上高を稼ぎ出しているわけですが、スマゲーが過半という事は無い訳です。

48010SPSfour11
 スマゲー…

48010SPSfour12
 スマゲー…

48010SPSfour13
 スマゲー…
 当たるとでかい場合もあるという事で、今後もIPの創出に努めていくようです。
 というか欅坂46のスマゲーって当たってるの?と思ったら今現在Playストアの売上ランキングで60位ですね…パブリッシャがenish名義になっているので見落としていたようです。


 といった具合ですが、やはり気になるのは今年度業績予想のハードウェアコスト増でしょうか。
 とりあえずニシくんのSwitchも入るしPSVita後継機が出るんじゃないかな、的な話題を入れておこうかなという話ですけど。

 実際、急に現行機のコストが増える要因があるとも思えないんですよね。
 GDDR5の奪い合い云々も、仮想通貨マイニング向けのビデオカード需要が一段落した現状だとあまり聞かなくなっていますし。
 PS4の値下げをするなら販売台数は増加を狙ってくるのではないかとも思えます。
 というわけで、この辺でPSP3(仮)の発売もしくは部品調達によるコスト負担があるのでは…あったら良いねとは考えています。

Marvel
・PS4 9/7 Marvel's Spider-Man【早期購入特典】「スパイディ・スーツ」、追加スキルポイント、スパイダー・ドローン早期解放、PS4カスタムテーマ、PlayStationNetworkアバター (封入)
(Amazon)
 .