47934NinTuber
 前世代…一瞬DS~3DSに乙女ゲーを出させようとしたことがあったわけですが、その時どうなったかはすっかり無かった事にしているというか、任天堂が乙女ゲームなんて買取保証するのはこういう事を無理矢理主張するためか。
スポンサーリンク


via ■■速報@ゲーハー板 ver.47934■■

 まあ相手がYouTuberのおっ…
 ぐぐってもタイトルからしてこれですし、動画自体をEmbedする事はしません。

オトメイトがswitch参入につきPS VITA後継機は消えた - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=l0CXnKYo8hQ

 ともあれこちらの任天堂と包括契約を結ぶUUUMっさんですが…

 ソースは速報スレに貼られた(多分)コピペですが、
 “薄桜鬼新作を発表したからオトメイトは本気”
 “ハード発売一年後の移籍発表はVitaの時と同じ流れ)
 “PSPに乙女ゲーは最後まで居座っていたからPSVita後継機があるなら後継機を待つはず”
 “ソニーが携帯機を見限った”
 “乙女ゲーマーは乙女ゲーしか遊ばない”
 “(自分は)乙女ゲー以外でPSVitaを起動しないので押し入れにしまえるぐらいニシッチに出て欲しい”

 …というのですが、移籍ってあれですね、面倒くさいですが一応。

[オトメイト - ゲーム一覧]

 PSPの出荷終了は2014年6月で、

●DS
 (これ以前略)
・蒼黒の楔 緋色の欠片3 DS 2011/8/25
・学園ヘタリアDS 2012/3/8
・薄桜鬼 黎明録 DS 2012/4/26

●PSP
 (これ以前略)
・SNOW BOUND LAND 2013/11/21
・Jewelic Nightmare 2013/12/26
・-8(マイナスエイト) 2014/1/23
・忍び、恋うつつ 2014/1/30
・十三支演義 偃月三国伝2 2014/4/17
・クロノスタシア 2014/4/24
・裏語 薄桜鬼~暁の調べ~ 2014/7/31
・学園K -Wonderful School Days - 2014/10/30

●3DS
・薄桜鬼 3D 2011/11/24

●PSVita
・薄桜鬼 鏡花録 2013/12/19
・AMNESIA V Edition 2013/12/19
・DIABOLIK LOVERS LIMITED V EDITION 2013/12/19
・薄桜鬼SSL ~sweet school life~ 2014/3/27
・AMNESIA World 2014/5/22
・RE:VICE[D] 2014/7/24
・BinaryStar 2014/9/4

 何故か同発マルチでの展開はないのですが、PSVitaで大々的に展開すると発表した後も暫くは…
 それこそ出荷終了後にもPSPでの展開を続けていたんですよね。
 2014年というとPSPにとっては10年目ですし。

 ちなみに本腰を入れてのPSVita展開を発表したのは



2014/03/24 に公開

オトメイトタイトル "PlayStation Vita"展開のお知らせ

 この時点だった訳ですが、これが“同じ流れ”って。
 PSVita発売って2013年だったと思ってるんですかね。

 ちなみに更にPSVita展開が遅れたコエテクはというと…

[ネオロマンス - ゲーム]

●DS
・MISS PRINCESS ミスプリ! 2011/11/17

●PSP
・金色のコルダ3 AnotherSky feat.天音学園 2014/9/25

●PSVita/PSP
・遙かなる時空の中で6 2015/3/12
・アンジェリーク ルトゥール 2015/12/17

●PSVita
・金色のコルダ4 2016/3/10

 何とPSP出荷終了から一年半後にもまだ新作を出しているという…
 ところで何かこの一覧無かった事になってない?と思って検索するとこういうのも出てくるんですよね、

[金色のコルダ3 フルボイススペシャル(ニンテンドー3DS)公式サイト]

商品名:金色のコルダ3 フルボイス Special
対応機種:ニンテンドー3DS ※立体視(3D機能)には対応しておりません
ジャンル:恋愛・育成シミュレーション
発売予定日:2015年2月26日(木)発売予定
希望小売価格:パッケージ版:5,800円+税/ダウンロード版:5,143円+税/トレジャーBOX 12,800円+税
CERO:B

 PSP単独最終作からPSVitaマルチ展開の間に、何故公式サイトは発売予定のまま無かった事にされているのか…

金色のコルダ3 フルボイス Special・金色のコルダ3 フルボイス Special (Amazon)

 ちなみにちゃんと発売されてはいますからね、公式サイトが発売後にも放置されていて、ネオロマンス公式サイトに掲載されていないというだけで。

 任プラでの乙女ゲー展開ですが、この他にもD3PのVitaminシリーズが出ていたりと一応展開を模索というか、任天堂が一時集めようと試みてみた形跡はあるのでした。
 売れなかったので無かったことになった訳ですが…

 実際にSIE側にPSVita後継機の計画がない、もしくはIF側にその予定が伝えられておらず、それが判断材料になって今回の発表に至ったという可能性は傍からは否定しようも無い物ですが、上にあるように過去の展開に比べると遙かに性急かつ強引な“移籍”宣言となっているんですよね、今回のオトメイトの一件って。
 本来的にはPSVita展開を中止にしてまでして移行するタイミングではなかっただろうにここでこういう手に出てきたのはどうしたことか。

 これがNISAの山下さんのお陰で任天堂買取保証が明るみに出た直後で良かった…といったものか、という部分はありますが、何で任天堂がここまで事を急いているのかは腑に落ちる物があります。
 乙女ゲーを何本か任プラ携帯機に出してみたり、Uが如くをUちゃんに出してみても売れなかったのは併存するPSプラットフォームの後継機が発売、もしくは発表された後だったからだ、と買取保証堂が思っていて、それで今回は何とかPSVitaのモデルサイクルが続いている内に移籍を発表させたのではないかという事ですね。

 任天堂包括契約YouTuberをスピーカーにしてこういう話を広めるのも計画の内だったのでしょうが、その前にNISAの山下さん…
 ありがとう、ありがとう日本一ソフトウェア。

 個人的には任天堂がここまで事を急いているのはPSVita後継機が実際に存在しているからだ、と考えた方が納得が行くのですが、果たしてどうなっている事でしょうか。

ザンキゼロ【予約特典】スペシャルサウンドトラックCD付き【早期購入特典】サバイバルアイテムセット (封入)
・PS4 7/5 ザンキゼロ【予約特典】スペシャルサウンドトラックCD付き【早期購入特典】サバイバルアイテムセット (封入)
(Amazon)
 .