47687Warranty
 単に分解したのみで保証外になるというのは消費者の不利益に繋がりかねない、という判断からみたいですね。
スポンサーリンク


[PC Watch: 連邦取引委員会、「開封すると保証無効シール」は違法として大手6社に是正勧告]

[FTC.gov: FTC Staff Warns Companies that It Is Illegal to Condition Warranty Coverage on the Use of Specified Parts or Services]

 米Federal Trade Commissionが“6つの大手企業”に対し、“このシールを剥がすと保証外になる”との規定は違法だとして是正を勧告。
 対象メーカーの事業には自動車、携帯電話、ゲーム機が含まれているとのこと。
 なのでソニー、任天堂、MSのいずれか、あるいはその全てが是正勧告の対象に含まれていると考えられます。

 ただし、ユーザーによる不適切な使用による破損が保証外となる事は変わりないため、任天堂ハードの場合は現状とあまり変わらないでしょうね。
 別段組み直したら壊れるような作りではなくとも、難癖付けて有償修理扱いにするだろうなという意味で。

 PC等の場合は最近ストレージもバッテリも完全に本体内に組み込まれる例が増えているだけに、ここで“純正品のみしか使えない”となるのは問題という判断ではあるのかもしれません。
 最近のノートPCはM.2のSSDが主流になっているのに自分で交換すると全体の保証がなくなるという困った状態だったので、これで分解したら保証全部無し、という事にはならなくなると良いのですが。

 最近のPCは廃棄時にバッテリやストレージを取り除く必要もあるため、比較的分解も組み立てもし易くなっているモデルが多くなって来ている気はしますが。

 最初から分解・再組み立てを可能とする事を考慮に入れるなら、携帯機などのストレージモジュールも交換可能になっていると良いですね。
 その場合でも対応するのはM.2 2230規格ですとかいう事になると対応するモジュールが売られていない、という事にもなりかねないわけですが…

Crucial SSD 1000GB MX500 内蔵2.5インチ 7mm MX500 (9.5mmアダプター付) CT1000MX500SSD1/JP
・Crucial SSD 1000GB MX500 内蔵2.5インチ 7mm MX500 (9.5mmアダプター付) CT1000MX500SSD1/JP
(Amazon)
 .