47662GTSport
 等倍サイズのモックアップまではこれまでにも存在しましたが、実際に走る車両が製造されたというのはこれが初となるようです。
スポンサーリンク


[GT.com: リアルサーキットを走る初のビジョン グランツーリスモ。アウディが2台のビジョン グランツーリスモを公開。]

 4/9の発表に伴い、ゲーム内でもアップデートで利用出来るように。

47662GTSport1a
47662GTSport1b
 何れも手前がハイブリッドモデルの「アウディ ビジョン グランツーリスモ」で、後ろの車両が全電動の「アウディ e-tron ビジョン グランツーリスモ」。

47662GTSport2a
47662GTSport2b
 こちらはe-tronの実車?

47662GTSport3a
47662GTSport3b
 フロントグリルがブラックアウトされているのがハイブリッド仕様で、後輪を3.4LのV6ターボエンジンで駆動、前輪をモーター/ジェネレーターユニットで駆動、トータル出力は950kW(1300馬力弱)という強大な出力を誇るという事です。
47662GTSport3c
47662GTSport3d

47662GTSport4a
47662GTSport4b
 完全電動仕様のe-tronはグリルが白く、エアスクープ部分がほぼ塞がれていることが特徴。200kWのモーターを前輪側に一基、後輪側に二基搭載し、合計600kWの最高出力を発揮するとのこと。
47662GTSport4c
47662GTSport4d

 また、e-tron仕様は実際に製造され、フォーミュラEのローマGPなどで実際に走りを披露する予定との事。
47662GTSport5

 といった発表となっていますね。



 公式のトレーラーはまだ公開されていませんが、プレスキットに含まれていたという動画が既にYouTubeに転載されています。
 電動の方が変速機が省略出来理に適っている…として開発されたポルシェティーガーはあんな事になった訳ですが、現在はシリーズハイブリッド車も日産辺りに増えてきていますし、ようやく電動車が普通に使えるようになる素地は出来上がって来たのかもしれません。
 といってもバッテリ蓄電型の完全電気自動車はまだ難しい部分も大きそうですけどね。

宮崎駿の雑想ノート
・宮崎駿の雑想ノート
(Amazon)
 .