47662NintenDone
 これ海外版もDL版も無しに実売と大幅に乖離した410万本出荷発表をしていた訳で、嘘を付いてはいたんだろうなと判断出来る部分は前からあったのですが…
 まさか裏が取れるような事態に発展するとは。
スポンサーリンク


via 開発中止報償金ガーへのブーメランになったね、記事コメント欄より。

[任天堂: 2013年10月31日(木)第2四半期決算説明会 - 質疑応答]

Q5:
 コミットメントについて伺いたい。コミットメントという表現は、マスコミや投資家が使う材料になってしまっていて、任天堂にとって何のメリットがあるのかがよく分からない。岩田さんはこのコミットメントについてどうお考えになっているのかを教えてほしい。また、Wii Uのサードパーティーサポートについて、欧米のサードパーティータイトルを見ていると、ダウンロードコンテンツがWii U向けにだけ無いということが起こっていたり、Wii U向けにタイトルを出してもらえないという状況になっている。他社さんはサードパーティーソフトのサポートに数百億円費やすというような話をされているわけだが、任天堂としてもこういう資金的なアプローチはあり得るのか。

A5 岩田:

 コミットメントというのは「目標達成に向けて最善の努力をして必ず達成したいという意思をもっています」という意味で申し上げました。そのことが「辞める、辞めない」という報道になってしまった以上は、言葉の使い方として適切でなかったかもしれません。

 また、私の責任は「任天堂の長期的な企業価値の最大化にある」と思っています。このように考えていますが、一方で、現時点で、「もう当期の業績予想の達成が不可能になった」と申し上げているわけではありません。先ほども申し上げましたように、私たちのゲームビジネスというのは、「年末商戦がうまくいくか、いかないか」で通期業績は非常に大きく左右されます。最も強気なシナリオと最も弱気なシナリオを両方書いて計算すれば、ものすごく大きな幅が出ます。これは私たちのビジネスの宿命で、「もっと安定するべきだ」とおっしゃられても、つくったものを世の中に問うてお客様にご評価いただかないと結果は分からないですし、ましてやお客様同士の中で起こる相互作用によって発生する価値の変化、これは具体的に言いますと、「お客様同士がやり取りをしながら社会的に話題にしていただけることによってヒットする」というのは、私たちの力の及ばないところになります。私たちは最善の質の娯楽をお客様にご提案して、お客様に話題にしていただけるように最大限努力していますが、その結果には、どうしても幅が出てくる場合があります。そのような意味で、今は業績予想の変更をする時期ではないと考えてこのようにお話ししています。

 それから、「ソフトメーカーさんとの関係をどのように考えるか」についてですが、「自社で一定のソフトラインアップを作り得る、任天堂のようなソフト開発リソースがある会社が考えること」と、「そうでない会社さんが考えること」は違って当然ではないかと思います。前社長の山内が最近亡くなりまして、改めて私は「山内から何を教わったか」ということをつくづく考えるのですが、「娯楽では、よそと同じことをするのが一番いかん」ということを教えてくれたのを非常に強くかみしめています。「他社さんが何々しているから、任天堂も何々する」という思考は、任天堂が最も避けたいと思っている思考です。ソフトメーカーさんとの協力関係を強化することについて、もちろん私は否定的ではありませんが、その方法論が他社さんと同じでは、結局値引き合戦であったり、お金の出し合いであったり、単純な価格競争的なアプローチになってしまい、結果的に際限なくそれが続いていくと思いますので、私たちはそこから一線を画して、その上でソフトメーカーさんと協力し合える関係をつくっていきたいと思います。

 この質疑ってコミットメントとは言ったが何をすると約束した訳ではないと返答した時の奴なんですね。

 そして“ソフトメーカーさんとの協力関係”ですが、当時も“他社さんがサードに数百億円”(要はソニーガー)の話なんて聞いたことねえぞハゲみたいな事を書いていたんじゃないかとは思いますが、暗にソニーには自社でソフトラインアップを作るリソースはないとディスってるのも実に任天堂らしくて良いですよね、現実にはそうではなかった訳ですが。

 更には“お金の出し合いであったりみたいなアプローチ”をやっているのはタイトルにもある通り確定していた訳で、これは単に“アンバサとMH独占にお金を使いすぎて赤字になったから、今はサードのタイトルを金で買ってくる余裕が無いんです”と表明しているだけだったという。

 それでいて少し業績が改善されたらすぐ“PS4版の契約を破棄してくれれば買取保証します”でしょう、ゲーム業界を蝕んでいるのが誰かなど、任天堂信者以外から見れば明々白々だと思いますけどね。

ゴッド・オブ・ウォー 【早期購入特典】「3種類のシールドスキン」がダウンロードできるプロダクトコードチラシ (封入) 【CEROレーティング「Z」】
・PS4 4/20 ゴッド・オブ・ウォー 【早期購入特典】「3種類のシールドスキン」がダウンロードできるプロダクトコードチラシ (封入) 【CEROレーティング「Z」】
(Amazon)
 .