47515VinlandSaga
 映像配信戦国時代…なのですが、割とコンテンツが大手3社をメインに分散している感はありますね。
スポンサーリンク


[スポーツ報知: 「どろろ」「バビロン」「ペット」「ヴィンランド・サガ」TVアニメ化決定]

 フジテレビ「ノイタミナ」の編集長を務めていたという山本幸治氏が立ち上げた企画プロダクション「ツインエンジン」が新作アニメ5本を発表。

 発表済みだった「からくりサーカス」のアニメ化に加え、


 「ヴィンランド・サガ」


 「どろろ」


 「バビロン」


 「ペット」


 の4本のアニメ化が発表されたとの事。

 ◆バビロン

 原作者・野崎まど氏「国内の放送事業は公序良俗を害してはいけないと放送法で定められています。『バビロン』は公序良俗に反する作品です。つまるところとても楽しみです」



 ◆ペット

 監督・大森貴弘氏「僕らの心に湧き起こる震えは、どこからくるのだろう。日々出会う人、出来事、それらに刺激される経験から沸き起こるもの、それらは本当に起きていることだろうか。それとも、自分の深い記憶の中にその起源があり、自分にだけ見えている幻影なのか。すべては仕組まれ、改変可能なことなのかもしれない。或いは、すべては僕ら次第なのか。その答えを見つけたくて、この作品の映像化を15年前の連載当時から、それこそ『ずうううぅっと、ずうううぅっと』夢見てきました。やっとその機会を得ることが出来ました」
 シリーズ構成・村井さだゆき氏「この原作を映像化したいという大森監督の強い思いがあって実現した企画です。実際、難しい原作ですが、それだけ一緒にに映像表現を考えていく作業が楽しい作品でもあります。表現の面白さだけでなく、主人公たちの関係性がとても魅力的なので、そこをうまく映像化で伝えていければなと思います」



 ◆ヴィンランド・サガ

 原作者・幸村誠氏「原作者の幸村誠と申します。ヴィンランドサガ、アニメ化ですよ! 最初に月刊アフタヌーン編集長が『アニメになるよ』とボクに言った時は『何がですか、編集長がですか?』と聞き返したものでしたが、少しするとWIT STUDIOさんなどのビッグな実名を持ち出す始末。編集長の健康状態を心配しておりましたが、とうとう大々的に告知が。…編集長の妄想でもボクの幻聴でもなかった…んんんバンザーイ!! 本当にありがたいことです。しかも『進撃の巨人』『甲鉄城のカバネリ』などのWIT STUDIOさんが手掛けてくださるのです。なんにも心配いりません。ボクに出来る事はアニメスタッフの皆さんのお邪魔にならないことだけです。いち視聴者として静かに待機、これにつきます。実際それがアニメヴィンランドサガをいちばん楽しめるポジションなのです。ボクはアニメ版を地球上の誰よりも楽しみたいのです。ぶっちゃけスタッフよりもお客さんでいたい!テレビの前の座椅子から動かないぞ!さあ皆さんも座椅子を。やがて来る神アニメをいっしょに待ちましょう。はー…楽しみ…」

 とのコメントが発表されています。

 テレビアニメの放送局は不明ですが、配信はAmazon独占とのことなのでいつもの東京メトロポリタン他ローカル局とBS11みたいになるんでしょうか。

 ヴィンランド・サガは1クールなら少年期の終わりぐらいまでですかね。
 凄い俺たたエンドになりそうですが。

 ところで以下のまとめ買い、粗筋が無茶苦茶ネタバレ塗れなんですがこれは…そういえば漫画単行本の帯でもネタバレしてましたね。
 未読なら粗筋部分は視界に入れないで買った方が良さそうです。


ヴィンランド・サガ まとめ買い (アフタヌーンコミックス) Kindle版
・ヴィンランド・サガ まとめ買い (アフタヌーンコミックス) Kindle版
(Amazon)
 .