47423Realforce
 高いけどこれはとりあえず確保しておくべきか…
スポンサーリンク


[REALFORCE公式サイト]

[4gamer - リリース: 東プレ、REALFORCE ブランドのPC用キーボードを8機種発売 全機種にデスクが広く使えるテンキーレスのコンパクトデザインを採用 標準、静音、APC、静音+APCの4モデル展開]

47423Realforce1
 従来型に比べコンパクトになった第2世代モデルが更にコンパクトに。

東プレ株式会社(代表取締役社長:内ヶ崎 真一郎 本社所在地:東京都中央区日本橋) は、なめらかなキータッチが特長のPC用キーボードREALFORCEブランドの第2世代モデルR2シリーズのコンパクトなテンキーレスデザイン4モデル合計8機種を2018年3月14日にREALFORCE取扱店にて発売いたします。
テンキーレスモデルは、すでに発売済みのフルキーボードに対して、約20%の省スペース化を実現し、デスクを広く使いたい方やマウスの操作スペースをより広く取りながら快適なキータッチをお求めの方に最適なキーボードです。

47423Realforce2
 各モデルアイボリーとブラックの2色展開で、微妙に仕様に差があるとのこと。

 モデル展開ですが、
 TKL(通常モデル)がAPC(入力押し下げ深さ変更機能)と静音スイッチを搭載せず、想定売価は21,834円。
 TKL SはAPC非搭載で静音スイッチ搭載、想定売価は27,540円。
 TKL AはAPC対応で静音スイッチ非搭載、想定売価が28,620円。
 TKL SAがAPCと静音スイッチ搭載で想定売価が30,024円。
 SA以外はキーの押し下げ荷重がアイボリー色は変荷重、ブラックモデルが全キー45g、SAは全キー30gとなっています。

 タイプ時に音を出しても良いし重いキーの方が好きだという人は通常モデルのブラックを選んでおけば良いのですが、私みたいに静音で押し下げ荷重が軽いモデルが欲しいとなるとなかなかの出費ですね…
 世間一般から見れば通常モデルの時点で高すぎると言われそうな気もしますが。

 バックリングスプリング…とまでは行かなくとも、メカニカルキーをガチャガチャダーンしていたら文句が出たことがある人には静音モデルがお勧めですね。
 入力反映点変更機能は別段必要ないのでは、とも思うのですが、2,500円差ぐらいならまあ別にあっても良いのだろうか。

東プレ REALFORCE SA R2 日本語112キー 静電容量無接点方式 USBキーボード 静音/APC機能付き 荷重30g 昇華印刷(墨) かな表記なし ブラック R2SA-JP3-BK
・東プレ REALFORCE SA R2 日本語112キー 静電容量無接点方式 USBキーボード 静音/APC機能付き 荷重30g 昇華印刷(墨) かな表記なし ブラック R2SA-JP3-BK
(Amazon)
 .