47254Fujifilm
 以前から手ぶれしたら解像度低下以前の問題では?と思っていたのでこの方針転換は悪い話ではないのですが。
スポンサーリンク


[富士フイルム - ニュースリリース: 新開発の高剛性・高耐久ボディ、究極の高画質、快適な操作性を実現した「Xシリーズ」最高パフォーマンス機 シリーズで初めてボディ内5軸・最大5.5段(*1)手ブレ補正機能を搭載し、幅広い撮影シーンに対応! ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-H1」 - 多彩な色調を実現する「フィルムシミュレーション」に階調表現豊かな「ETERNA」モードを搭載し、動画撮影にも最適]

[公式スペシャルサイト]

 富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、独自の色再現技術で卓越した写真画質を可能にする「Xシリーズ」の最新モデルとして、新開発の高剛性・高耐久ボディ、究極の高画質、快適な操作性を実現したミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-H1」(以下、「X-H1」)を2018年3月1日より発売します。「X-H1」は、シリーズ史上最高のパフォーマンスを発揮するフラッグシップモデルです。

 「X-H1」は、新開発の高剛性・高耐久ボディに、「Xシリーズ」で初めてボディ内5軸・最大5.5段(*1)手ブレ補正機能を搭載。快適な操作性も備えており、幅広いシーンで人間の記憶に残る鮮やかな色、いわゆる「記憶色」による究極の高画質を実現します。さらに、不安定な光源下でも安定した露出を実現する「フリッカー低減撮影機能」と高速・高精度AFにより、決定的な瞬間を捉えます。また、多彩な色調を実現する「フィルムシミュレーション」に、長年シネマ業界をリードし高評価を得てきた当社映画用フィルムの色・階調を再現した「ETERNA(エテルナ)」モードを新搭載。静止画撮影のみならず、動画撮影にも最適です。

 「X-H1」は、本日発表のシネマレンズ「MKX18-55mmT2.9」「MKX50-135mmT2.9」や、本年中の発売を予定している、望遠単焦点レンズ「XF200mmF2 R LM OIS WR」・超広角ズームレンズ「XF8-16mmF2.8 R LM WR」を加えた豊富なラインアップの交換レンズとの組み合わせで、プロ写真家やハイアマチュア、映像作家などの幅広いニーズにこたえます。



 手ぶれ補正ですが、標準レンズの35mmF1.4では5.5段分、またその他のレンズでも5段分以上の手ぶれ補正を実現するとしているのですが…注釈を見ると

*1 「フジノンレンズ XF35mmF1.4 R」装着時。

*2 「フジノンレンズ XF10-24mmF4 R OIS」「フジノンレンズ XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」「フジノンレンズ XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS」「フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」「フジノンレンズ XC16-50mmF3.5-5.6 OIS II」「フジノンレンズ XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II」を除く。

 ボディ内手ぶれ補正とレンズ側の手ぶれ補正は併用出来ない様子。
 これを実現しているのはソニーのEマウントミラーレス一眼とオリンパス/パナソニックの4/3rds一眼ぐらいでしたっけ?
 そもそもボディ内手ぶれ補正を内蔵するミラーレス一眼はこの辺しか作っていない訳ではあるのですが…
 富士フイルムというとデータ記録用磁気テープなので別分野ではあるもののソニーとの間に特許紛争を抱えているので、どうしても連動手ぶれ補正での特許回避が難しかったとかあるんでしょうかね。

 Xシリーズというとボディ内手ぶれ補正を搭載しない理由として、レンズの設計が極めてタイト(イメージサークルがギリギリなど)だったりするという話もあった気がしますが、その辺がどうなっているかは不明です。



 シネマレンズの発売と合わせ、動画撮影時の手ぶれ低減効果が大きいとアピールしていますね。
47254Fujifilm1

 本体は露出補正ダイヤルを廃し、GFX50と同じサブの液晶パネルを搭載。
47254Fujifilm2

 上下、右へのチルトに対応する液晶ディスプレイはタッチ操作にも対応…
47254Fujifilm3

 と、最近のカメラに搭載されがちな機能は概ね搭載してきているようです。
 一眼デジタルカメラでUSB給電に対応しているのはソニーぐらいの物でしたっけ…この辺もUSB Type-Cに対応して来ると便利なのではないかと思いますけどね。

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-H1ブラック X-H1
・FUJIFILM ミラーレス一眼 X-H1ブラック X-H1
(Amazon)
 .