47186Falcom
 ファルコムの製品売上高というのは基本的に国内分、という事で閃の軌跡IIIなどのリピートも多少なりとあるようです。
スポンサーリンク


[ファルコム: 平成30年9月期第1四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)](pdf)

 売上高は前年同期比8.8%増の3.11億円、営業利益は2.4%増の1.51億円、純利益は3.9%増の1.12億円となっています。

 また、業績予想は売上高が前年度の実績から12.5&減となる18億円、営業利益は7.5億円…
 ちなみにこの業績予想、前年度(平成29年9月期)の当初予想と完全に一致。

(1)経営成績に関する説明
 当社はコンテンツメーカーとして、オリジナリティあふれるゲームコンテンツ及びサービスの創出を行い、その
魅力を様々な分野・プラットフォームを通じて世界中のお客様にお伝えすることに努めております。
 当第1四半期累計期間の製品部門におきましては、東京ゲームショウにおいて日本ゲーム大賞フューチャー部門
を受賞しました据え置き型ゲーム機PlayStation4向けゲームソフト「英雄伝説閃の軌跡Ⅲ」(平成29年9月発
売)や、平成29年11月に株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント主催の「プレイステーションアワ
ード2017」においてユーザーにより選出される「ユーザーズチョイス賞」を受賞しました据え置き型ゲーム機
PlayStation4向けゲームソフト「イースⅧ-Lacrimosa of DANA-(ラクリモサ・オブ・ダーナ)」(平成29年5
月発売)を販売しております。
 なお、累計販売台数7,000万台に達した据え置き型ゲーム機PlayStation4向けに、累計販売本数120万本を突破
した「英雄伝説閃の軌跡」シリーズとして、「英雄伝説閃の軌跡Ⅰ:改-Thors Military Academy 1204-」を3
月8日に、「英雄伝説閃の軌跡Ⅱ -The Erebonian Civil War-」を4月26日に発売する予定です。さらに、シリ
ーズ最新作「英雄伝説閃の軌跡Ⅳ -THE END OF SAGA-」についても鋭意制作中です。
 その結果、製品部門の当第1四半期累計期間の売上高は64百万円(前年同期比168.9%増)となりました。

 ライセンス部門におきましては、据え置き型ゲーム機PlayStation4及びPC向けゲームソフト「東亰ザナドゥ
eX+(エクスプラス)」の英語版や携帯型ゲーム機PlayStationVita向けゲームソフト「英雄伝説空の軌跡SC
Evolution」繁体字中国語版及び韓国語版を平成29年12月に発売しました。また、旧タイトルのPCゲーム英語版
ダウンロード販売やオンラインストーリーRPG「英雄伝説暁の軌跡」の他、「乖離性ミリオンアーサー」(株
式会社スクウェア・エニックス)、「クルセイダークエスト」(NHNエンターテインメント株式会社)などのゲ
ームタイトルとのコラボレーション展開を進めました。平成30年3月には携帯型ゲーム機PlayStationVita向けゲ
ームソフト「英雄伝説空の軌跡the 3rd Evolution」繁体字中国語版及び韓国語版を発売する予定です。
 その結果、ライセンス部門の当第1四半期累計期間の売上高は247百万円(前年同期比5.8%減)となりました。

 以上の結果、当第1四半期累計期間の業績は、売上高は311百万円(前年同期比8.8%増)、営業利益は151百万
円(前年同期比2.4%増)、経常利益は153百万円(前年同期比2.5%増)、四半期純利益は112百万円(前年同期比
3.9%増)となりました。

 閃の軌跡シリーズは前年度の通期決算で累計100万本、株主総会で120万本とされていたのでそこからの変動はありませんが、前年同期比での売上高は2.7倍と大幅に上がっている為、ある程度継続して売れているようではあります。
 といっても0.64億円ですが…2-3万本分ぐらいなんでしょうかね。

 ライセンス部門に関しては海外分やコラボ展開などが含まれていますが、こちらは前年同期比で微減となったそうです。

 安定した業績ではありますね、売上原価は倍増程度に留まっているのですが、これはデジタルシフトが進んだ結果なのかもしれません。

英雄伝説 閃の軌跡I:改 (【初回生産限定特典】スリーブジャケット仕様 同梱)
・PS4 3/8 英雄伝説 閃の軌跡I:改 (【初回生産限定特典】スリーブジャケット仕様 同梱)
(Amazon)
 .