47179SSGGG
 これまで収益の主体となっていた遊技機は色々あるみたいですが…
スポンサーリンク


[セガサミーHD: 平成30年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) / 決算短信 補足資料 / 決算説明資料](pdf)

 売上高は前年同期比8.7%減の2608.04億円、営業利益は26.9%減の256.23億円、純利益は62.3%減の137.54億円となっています。

 色々引っくるめたエンタテインメントコンテンツ事業に関しては、

 デジタルゲーム分野において、『ファンタシースターオンライン2』、『オルタンシア・サーガ-蒼の騎士団-』、
『ぷよぷよ!!クエスト』等の既存主力タイトルを中心に各種イベント等を実施したほか、当社連結子会社の㈱
f4samuraiが開発、運営を受託している『マギアレコード魔法少女まどか☆マギカ外伝』が堅調に推移いたしまし
た。
 パッケージゲーム分野におきましては、新作『ソニックフォース』をはじめ、『龍が如く極2』や、PCゲームの新
作『Football Manager 2018』を発売し、販売本数は1,428万本(前年同期は813万本の販売)となりました。
 アミューズメント機器分野におきましては、『UFO CATCHER』シリーズ等のプライズ機の販売が好調に推移いたしま
した。
 アミューズメント施設分野におきましては、既存のゲームセンター業態において、プライズを中心に施設オペレー
ションの強化に取り組んだ結果、国内既存店舗の売上高は前年同期比で102.1%となりました。
 映像・玩具分野におきましては、劇場版『弱虫ペダルRE:GENERATION』等の配給収入を計上したほか、玩具におい
て『アンパンマン』シリーズや『ディズニー&ディズニー/ピクサーキャラクターズドリームスイッチ』等を販売い
たしました。
 以上の結果、売上高は1,579億44百万円(前年同期比1.6%増)、営業利益は172億79百万円(前年同期比12.3%増)
となりました。

 地域差が激しいゲーム事業ですが、龍が如く極2やFootball Managerは好調みたいですね(単独タイトルが1428万本販売という意味ではない)。

 内訳ですが、デジタルゲーム(オンライン/スマ)は売り上げが落ちている物の、パッケージゲーム(デジタル含む)の売り上げが大幅に伸長し業績を支えています。
47179SSGGG1

 販売本数に関しても、国内で新作販売本数が大きく落ちる一方でリピートが伸長、アジアでは全体に落ちていますが欧米においては大幅に伸びていますね。
 リピートが増えたのはデジタルシフトによる好影響ではないかと思いますが。

 にしてもアニプレックスがパブリッシャとなっている「魔法少女まどか☆マギカ」のスマ「マギアレコード」、開発運営がセガというのも何かこう…セールスランキング的には上位グループの中堅ぐらいなので儲かってはいるのでしょうが。

戦場のヴァルキュリア4 10thアニバーサリー メモリアルパック 【限定版同梱物】1.追加ストーリーDLC「第7小隊との共同戦線」プロダクトコード 2.10thアニバーサリーサウンドトラック 3.10thアニバーサリーイラストブック & 【初回特典】追加ミッションDLC「先行特別作戦」プロダクトコード 同梱
・PS4 3/21 戦場のヴァルキュリア4 10thアニバーサリー メモリアルパック 【限定版同梱物】1.追加ストーリーDLC「第7小隊との共同戦線」プロダクトコード 2.10thアニバーサリーサウンドトラック 3.10thアニバーサリーイラストブック & 【初回特典】追加ミッションDLC「先行特別作戦」プロダクトコード 同梱
(Amazon)
 .