46929KZhri
 最近は効率化に伴いB2Bに注力する電器メーカーが増えてきていますが、ソニーにとって第一に優先されるのはコンシューマ向け、という話もしていますね。
スポンサーリンク


[AV Watch: 【西田宗千佳のRandomTracking】aiboで生まれた「感動体験」を世界に。ソニー平井社長に聞く8K、車、OS、スマホの次]

 西田氏によるソニー平井一夫社長へのインタビューですが、Androidが登場しての10年は皆が同じOSを搭載している中でどう差別化していくかが課題となった、という話に続いて、

 OS的には、ソニーでAndroidにかわるものを作る意味はない、と考えます。しかし、PlayStationはもう長い歴史があるビジネスなので、この部分は独自で投資をして強くする。それが、PlayStationというビジネスとしての責任ではないか、と考えます。

 という事で、スマートデバイスとしてAndroidに代わるようなものを開発する必要性は感じていないが、PS事業に関しては今後も独自の投資を続けていくとコメント。

 ここで気になるのは携帯機分野がどうなるかという所ですが…

 また今年度の業績予想が高水準である事に関しては、

 具体的な業績内容は、後日行われる第3四半期の業績発表までお待ちいただきたいのですが、PlayStation 4はかなり好調な年末商戦でした。累計で早期に7,300万台を超えましたし、PlayStation Networkの成長も堅調です。テレビ・オーディオ・デジタルイメージングを中心に、どの製品も良い年末商戦を迎えられたと分析しています。レンズで若干商品が足りなかった部分がありましたが……。

 しかし、これでビクトリーラップに入ってはいけないんです。家電ビジネスにおいて、第4四半期は鬼門なんです。在庫調整などの要因も出てくる可能性がありますし。4Qをどうコントロールするか、3月31日まで緊張感をもってあたります。

 と、ここで気を緩めてはいけないという話も出ています。

 ゲーム業界でも、PS3への移行期に不調だったソニー自身や、ソニーとの最終決戦に勝ったつもりでいたらその後大変な事になったんだけ堂とかありますし…MSはそういえばこれまで勝ったと言える事一回もないですが、“最高性能の次世代機”とか勝利宣言してたら酷い事になった直近とか色々ありますね。

スーパーロボット大戦X プレミアムアニメソング&サウンドエディション【早期購入特典】スーパーロボット大戦X「早期購入4大特典」プロダクトコード (封入)
・PS4 3/29 スーパーロボット大戦X プレミアムアニメソング&サウンドエディション【早期購入特典】スーパーロボット大戦X「早期購入4大特典」プロダクトコード (封入)
(Amazon)
 .