46912NHNS
 ハード・ソフト共に前年を上回るのは11年ぶり、というのですが…
スポンサーリンク


[ファミ通:2017年国内家庭用ゲーム市場速報を発表 市場規模は3917.5億円で、Nintendo Switchがハード市場を大きく牽引]

 (前略)集計期間は2016年12月26日~2017年12月31日です。
※本データを記事にてご使用になる場合は、ファミ通調べ、もしくはゲーム雑誌「ファミ通」を発行する当社(Gzブレイン)調べなど、必ず「ファミ通」というブランド名の記載をお願いいたします。



2017年の家庭用ゲーム市場規模は、ハードが昨年対比172.9%の2023.7億円、ソフトが同103.8%の1893.8億円、合計で同130.8%の3917.5億円となっています。Nintendo Switchが大ヒットし、ハード市場を大きく牽引したほか、ソフト市場もプレイステーション4とニンテンドー3DSを中心に、前年を上回る売上となりました。ハードとソフトの市場規模がともに前年からプラスとなるのは、2006年以来、11年ぶりとなります。

 だそうです。まあハードの話題性と売り上げで昨年の主役がニシッチだったのは間違いのないところな訳ですが、ハードは前年比で七割増えているのにソフトは4%も増えてないって。
 デジタルシフト分を考慮しても(そもそもニシッチがデジタルシフトに対して全力で逆行しているようなハードではあるのですが)ソフトの伸びがなさ過ぎる。

 ソフトランキングも、

1. ポケモンウルトラSM 200.4万本
2. Splatoon2 175.2万本
3. DQXI 3DS版 174.5万本
4. モンスターハンターXX(3DS) 168.5万本
5. ドラゴンクエストXI PS4版 133.6万本
6. マリオデ 132.4万本
7. マリカ8DX 110.4万本
8. ゼルダのBotW 68.8万本
9. ポケモンSM 57.7万本
10.マリオメーカー3DS 42.3万本

 と上位10位以内にニシッチタイトルが4本入っているのに。
 おまけにDQXIとMH以外全部任天堂。

Xbox One※3
推定年間販売台数:14,644
推定累計販売台数:87,592

※3:Xbox One S、Xbox One Xを含む合計値です。

 毎度ちゃくたまの時に見ている数字ではあるんですが、これが年間販売台数ってのが凄いですよね。

実況パワフルプロ野球2018 (【初回限定特典】歴代パワプロシリーズオープニングテーマセットDLC同梱 同梱)
・PS4 4/26 実況パワフルプロ野球2018 (【初回限定特典】歴代パワプロシリーズオープニングテーマセットDLC同梱 同梱)
(Amazon)
 .