46818KMTC
 携帯機を続けるデー(ニシッチとは別ラインで)、という話も出ていたようなのですが…
スポンサーリンク


via 当ブログのGzブレインちゃくたま記事コメント欄より。

[朝日新聞:スイッチ、1家に1台?1人1台? 任天堂社長一問一答]

 京都新聞(一部)に続いて朝日新聞がインタビュー記事を公開しましたが、例年通りなら他に日経、読売、毎日…海外紙ではTime辺りもインタビューしている可能性は高そうです。

 ――スイッチはなぜヒットしたのでしょうか。

 業界の宿命で、新しいものを作っても、いつも受け入れられるとは限りません。だから、後付けの理由になりますが、結果的には、今までとは全くスタイルの違う遊び方がお客さんに受け入れられたということに尽きると思います。

 ――新しい遊び方とは

 いままでの据え置き機の概念を変えました。家の中で遊ぶだけじゃなく、持ち運んで屋外でも遊べるし、コントローラーを分け合って友達とも遊べるようにしました。コントローラーに搭載した振動やカメラなどの新機能も面白そうと思ってもらえたのでしょう。

 新機能も面白そうだと思って貰えた…?あの変な場所に着いたIRカメラ、1-2-Switchの一部ミニゲーム以外で使われてましたっけ。

 業績予想については年末年始やその後も見てみないと分からない、と慎重な姿勢を見せていますね。
 前社長に比べると突拍子もないエキセントリックな言動が見られないので、ゲハ的には面白みに欠ける部分もあるわけですが…

 それでもニシッチの“据置機”設定ですが…とにかくWiiU後継機であってこれは据置型ゲーム機なんだ、と言い張り続けるようです。

 ――スイッチは1家に1台じゃなく、1人に1台になるのでしょうか  ありがたいことに家庭に複数台ある、とおっしゃっていただくこともあります。一方で、価格を考えると複数台だと、ソフトも含めてそれなりの金額になります。そういう意味では、「ニンテンドー3DS」などの携帯機は併存する理由があります。比較的安く、初めてゲームに触れるお子さんに安心して遊んでもらえるゲーム機としての役割があるからです。

 任天堂がニシッチを据置型ゲーム機だと言い張っているのは、端的に言えば本体価格とソフト価格を吊り上げるためとなるのでしょうが、安価な“携帯機”は併存するという。
 でもまあ予定表を見れば分かる通り3DSシリーズは既に終息へ向かっている真っ最中ですよね。
 その時に何を“安価な携帯機”として出すかと言えばそれはまあニシッチ…のスイッチしなくなった結果小型軽量化、更には安価になったモデルを出すという事になるのではないでしょうか。
 そうでないとポケモン(本編?)を出すという話にもならないでしょうし。

 薄らでかくて重くてぐにゃぐにゃしている高発熱操作遅延ハードニシッチに比べれば真っ当なゲーム機になるんじゃないかとは思いますが、PSP3(仮)辺りとかち合ったらまた一世代遅れとなりそうですね。

追記:携帯機が併存云々に関しては公開されている部分にあった為、一部を訂正しました。ご指摘ありがとうございます。

戦場のヴァルキュリア4 10thアニバーサリー メモリアルパック 【限定版同梱物】1.追加ストーリーDLC「第7小隊との共同戦線」プロダクトコード 2.10thアニバーサリーサウンドトラック 3.10thアニバーサリーイラストブック & 【初回特典】追加ミッションDLC「先行特別作戦」プロダクトコード 同梱
・PS4 3/21 戦場のヴァルキュリア4 10thアニバーサリー メモリアルパック 【限定版同梱物】1.追加ストーリーDLC「第7小隊との共同戦線」プロダクトコード 2.10thアニバーサリーサウンドトラック 3.10thアニバーサリーイラストブック & 【初回特典】追加ミッションDLC「先行特別作戦」プロダクトコード 同梱
(Amazon)
 .