46429Wolfen
 遅れてきたレビューもそれなりにありますね。

スポンサーリンク


 敬称略。
 レビュアーは特記なき場合は左から乱舞吉田、ジゴロ☆芦田、本間ウララ、ローリング内沢。
 他に戸塚伎一(戸)。

 プレイ時間はメーカーの自己申告。

NSw10/26 ZOMBIE GOLD RUSH [ 7 / 7 / 7 / 8 ]

PS410/27(PS4) The Town of Light [ 7 / 7 / 6 / 7 ]
Xone

PS411/3 コール オブ デューティ ワールドウォーII [ 9 / 9 / 9 / 9 ]

3DS11/17 ポケットモンスター ウルトラサン・ムーン [ 9 / 9 / 9 / 9 ]
 “プレイスタイルにより異なります”

・SMが基調
・新ストーリーはシリアスな内容
・ファンにはたまらない要素も
・携帯機ポケモン集大成
・集大成的な仕掛け
・基本はサンムーンと一緒
・テンポがゆるやかで冒険感が薄い

PSV11/22 神頼みしすぎて俺の未来がヤバい。 [ 6 / 7 / 7 / 7(戸) ]
 全ルートクリアまで20時間。

・縁カウントが特徴的だが差別化の意味が感じにくい
・アイキャッチが多すぎる
・ヒロインはみんな可愛い
・コミカルなやり取りやキャラのかわいらしさは魅力
・ルートによっては山場があまりない
・登場人物の行動原理が細かく自然に描写されている

PS411/22 となりに彼女のいる幸せ ~Two Farce~ [ 7 / 7 / 6 / 8(戸) ]
PSV
 全文読み終えるまで3-4時間。

・ヒロインは一人だけなので好みに合うかどうかが最大のポイント
・日常生活の中で二人の距離が縮まる家庭が自然に描かれている
・ヒロインがかなり巨乳
・起伏は無いがなかなか趣がある
・ゲーム性はほぼ無い
・ボリュームはもうちょっと欲しい
・イチャイチャぶりは相当なもの
・本編があっさり終わるうえおまけ要素がない

PSV11/22 Amenity's Life [ 7 / 7 / 7 / 7(戸)]
 音声を全て聞いた場合、クリアまで25時間。

・物が女の子になるというコンセプトがユニーク、その他はオーソドックス
・画面上部のゲーム内雑談は雰囲気が伝わる反面うるさい部分も
・ミニエピソードでサブキャラの意外な側面がみられるのも良い
・コメディーテイストの雰囲気は楽しめる
・物が擬人化した設定を活かした部分がもうちょっと欲しい
・お話の勢いが凄い
・生々しい部分もあるが全体に明るくて気軽に遊べる
・ゲーム内BBS機能がゲーム世界を演出
・ヒロインの可愛さはきっちり堪能
・システム周りはPSVita用ノベルゲームの完成形の一つ

PS411/22 2064: Read Only Memories [ 8 / 8 / 8 / 8 ]
 クリアまで10時間以上。

・1980年代を意識した作風が楽しめるかどうか
・遺伝子操作やLGBTなどを扱う意欲作
・昔ながらの総当たり型ADVなのでじれったく感じる人もいそう
・英語だがボイスが入っている事で感情移入アップ
・ドットが粗い文字は漢字が潰れ気味でやや読みづらい
・相棒のロボ、チューリングに幼いところがあるのがかわいい
・日本語ローカライズバッチリ
・推理サスペンスに惹き付けられる
・雰囲気作りが秀逸

3DS11/23 ベイブレードバースト ゴッド [ 8 / 8 / 8 / 8 ]
 1周目クリアまで20時間、やり込み含め50時間。

・前作から正統進化
・前作より腰を据えて遊べる作りに
・練習試合パートで原作キャラがもっと動いたり、またやり取り出来れば
・作業的に感じる所も多少ある

PS411/23 ウルフェンシュタインII:ザ ニューコロッサス [ 9 / 8 / 9 / 8 ]
 クリアまで10時間、やり込み含め20時間以上。

・シングル特化の最近では珍しいFPS
・シングルプレイは素晴らしい出来
・キャラは皆個性的
・敵を殲滅するのが爽快
・難易度選択なども可能、昔ながらのFPSスタイルの保持に価値がある
・歩行時の画面揺れをオフにしたかった
・強力な武器をガンガン撃てるのが痛快
・シリーズ未経験だとキャラの関係が把握しづらい
・舞台が作り込まれていて飽きない
・コメディ的にも見えるぶっ飛んだ残虐表現が刺激的
・戦略性や多彩なギミックなどプレイが単調にならない構成
 ちなみに“どうなるか(ある意味)楽しみ”と言われるニシッチ版は評価対象に含まれず。



真・三國無双8 (初回特典(趙雲「京劇風コスチューム」ダウンロードシリアル) 同梱)
・PS4 2/8 真・三國無双8 (初回特典(趙雲「京劇風コスチューム」ダウンロードシリアル) 同梱)
(Amazon)

週刊ファミ通 2017年11月30日号
・週刊ファミ通 2017年11月30日号
(Amazon)