46402NNcommit
 煽れれば何でも良いのか…というのをゲハブログが言うのも何だかなという話ではありますが。
スポンサーリンク


[gameinformer: Report: Nintendo To Dramatically Ramp Up Switch Production Next Year]

 そもそも今年度(2018年3月期)に2000万台という見方ガーとか紹介して株価吊り上げておいて何の責任も取っていないのがウォール・ストリート・ジャーナルの望月崇記者な訳ですが…
 今回はソースが“ピープル”とかなのでそろそろ言い訳も通じなくなってくるのではないでしょうか。

 というわけで任天堂の販売(出荷)予想とその実績で最大どの程度開いた場合があるかという話ですね。

[任天堂:平成21年3月期 決算短信 / 平成22年3月期 決算短信 / 平成23年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結) / 平成24年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結) / 平成25年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結) / 平成26年3月期決算短信〔日本基準〕(連結)](pdf)

●平成22(2010)年3月期
 この前年度である平成21年3月期はまさにWiiDSブームの絶頂期、売上高は1.8兆円を超え、営業利益5523を叩き出していたのですが…

・業績予想:売上高1.8兆円、営業利益4900億円
・販売(出荷)予想:NDS 3000万台 Wii 2600万台

 この時は平成21年3月期の実績をそのまま維持出来るものと考えての予想でした。
 つまりこの時はNDSが3000万台以上を2年度連続で達成してはいたのですが…

・業績:売上高1.43兆円 営業利益3566億円
・販売(出荷)実績:NDS 2711万台 Wii 2053万台

 この段階で実績割れが始まる。

●平成23(2011)年3月期

・業績予想:売上高1.4兆円 営業利益3200億円
・販売(出荷)予想:NDS 3000万台 Wii 1800万台

 予想は横這いとなっています。
 これは達成すべき業績が前年と同水準かそれ以上で無ければいけないからですね。

・業績:売上高1兆0143億円 営業利益 1711億円
・販売(出荷)実績: NDS 1752万台 3DS 361万台 Wii 1508万台

 大きく予想を割り込む結果に。
 特にニンテンドーDSの落ち込みが想定以上だったのでしょうね。

●平成24(2012)年3月期

・業績予想:1.1兆円 営業利益1750億円
・販売(出荷)予想:NDS 1100万台 3DS 1600万台 Wii 1300万台

 これも前年度の実績を上回る利益を上げなければならないという前提から導き出されたのだろう予想ですが…

・業績:売上高6477億円 営業損失373億円
・販売(出荷)実績:NDS 510万台 3DS 1353万台 Wii 984万台

 3DSをアンバサった結果全体に業績はガッタガタに、その上3DSの出荷予想も達成出来ない始末。

●平成25年(2013)年3月期

・業績予想:売上高8200億円 営業利益350億円
・販売(出荷)予想:NDS 250万台 3DS 1850万台 Wii 1050万台

 WiiU発売を控えている訳ですが、流石に連続で赤字は出せないという理由で導き出されたのだろう計画ですね。

・業績:売上高6354億円 営業損失364億円
・販売(出荷)実績:NDS 235万台 3DS 1395万台 Wii 398万台 WiiU 345万台

 これも実績ガッタガタ。
 特にWiiの衰退ぶりは目も当てられないものでした。

●平成26年(2014)年3月期

・業績予想:売上高9200億円 営業利益1000億円
・販売(出荷)予想:3DS 1800万台 Wii 200万台 WiiU 900万台

 さて問題の“営業利益1000億円のコミットメント”年度ですね。
 販売予想はこれを達成するための水準に設定されていた訳ですが…

・業績:売上高5717億円 営業損失464億円
・販売(出荷)実績:3DS 1224万台 Wii 122万台 WiiU 272万台

 コミットメントとは社長を辞めるとかそういう約束をしたものでは無いと言い出したのもこの時でした。
 WiiUは結局の所、ほぼ当初予想の台数を売り切った辺りで切り捨てられる結果に。

 この後、任天堂は現状の売上高維持による黒字転換予想→下方修正を繰り返していくわけですが…


 というわけで予想と実績を振り返ってきたわけですが、幾ら任天堂でも今年度のNintendo Switch販売計画1400万台を達成出来たとして、それをいきなり倍にするような脳内お花畑な事はさすがにしてこないと思うんですよね。
 そもそも達成出来ないでしょうし…

 なのにWSJのコケスレクソ野郎は“ピープルが言っていた”と記事にするし海外メディアは“WSJが言っていた”と記事にする、それをGIbiz日本版などが再輸入するというゲハサイクル。

 まあエース田さんが実際に“ソニーはFGO水着ガチャデー”とか言い出したり、任天堂が“今年度のニシッチ販売計画は3000万台です”とか言い出した方がゲハブログ的に扱えるネタは増えるのかもしれませんが、それで株価が乱高下する辺り世の中アホだらけですね。

ソードアート・オンライン フェイタル・バレット 初回限定生産版【早期購入特典】1ゲーム内で使用できる衣装『アスナSAO衣装』のプロダクトコード (封入) 2ゲーム内で使用できる特別な武器『銀の銃』のプロダクトコード (封入) 【Amazon.co.jp限定】PlayStation4専用オリジナルテーマが手に入るプロダクトコード (配信)
・PS4 2/8 ソードアート・オンライン フェイタル・バレット 初回限定生産版【早期購入特典】1ゲーム内で使用できる衣装『アスナSAO衣装』のプロダクトコード (封入) 2ゲーム内で使用できる特別な武器『銀の銃』のプロダクトコード (封入) 【Amazon.co.jp限定】PlayStation4専用オリジナルテーマが手に入るプロダクトコード (配信)
(Amazon)
 .