46380BND
 概要なのでWSJのコケスレグロ画像がどこまで本当の事を言っているかの判断には使えませんが、ギリギリまで膨らませて吹聴している可能性はありそうです。
スポンサーリンク


[バンダイナムコHD: 2018年(平成30年)3月期 第2四半期決算説明会 プレゼン資料 / 説明概要 / 質疑応答](pdf)

 家庭用ゲームの2018年の取り組みについてはこう、
46380BND1
 ニシッチでは出ない3本に加えおまけ程度の“オリジナルタイトル開発着手”ですが…

家庭用ゲームは、今後も市場の大きい海外に向け有力タイトルを投入していきます。2018年には、海外ファンからの評価も非常に高い「ドラゴンボールファイターズ」、ゴッドイーターシリーズの開発陣が手掛けることで期待も高い新規IP「CODE VEIN」の発売などを計画しています。国内外で普及が進むNintendo Switchに向けては既にタイトルを投入していますが、Nintendo Switchオリジナルのタイトルの開発にも着手しています。また、先日の東京ゲームショウでも話題となったeスポーツについては、我々としても可能性を感じていますので、次期中期計画を視野に積極的に取り組んでいきます。

 と説明されており…この書き方だと神戸が年度内に出る風に見えますね。
 2月にDBF、SAOFBが予定されているので今のまま行けば3月発売となるのかどうか。

 ニシッチに関しては質疑応答概要でもこの程度の扱い

【ご質問】
Nintendo Switch向けタイトルの販売・開発状況を教えてください。

【ご回答】
現在までに「ナムコミュージアム」「ONE PIECEアンリミテッドワールドR」「ドラゴンボールゼノバース2」の3タイトルを発売し、いずれも好調な売れ行きとなっています。現在は既存タイトルの移植版が中心の展開となっていますが、開発体制も強化しており、来年度以降、Nintendo Switchオリジナルの新規タイトルを複数発売していく予定です。

 となっており、この程度だと今一何がどうなるか不明瞭ですが。
 任天堂携帯機向けに展開していたタイトルをニシッチ向けへ移行させていく程度の話ではあるのかもしれません。

【次期中期計画に向けて】
バンダイナムコグループは、10年後も、その先の未来においても、世界中の人々に「夢・遊び・感動」を提供すること使命とし、事業の規模拡大だけを目指すのではなく、提供する商品・サービスのクオリティや面白さに徹底的にこだわる質を追求する個性あふれるグループでありたいと思います。 中期計画の詳細については来年改めて発表いたしますが、我々の強みである「IP軸戦略」に更に磨きをかけること、海外展開を更に加速させること、そしてバンダイナムコグループでしかできないグループ連動を行っていきたいと思います。
中でも注力したいのは、IP軸戦略をより強くするために、新たなIPが連続して生み出されるグループとなること、つまりIP創出にもっとドライブをかけたいということです。次期中期計画に向けては既に取り組みを進めています。こういった動きを含め、来年4月の中期計画スタートを待つことなく、前倒しでどんどん動いていきたいと思います。
時代の変化はますます速くなる中、我々は、これまでと同じ戦い方では通用しないという危機感を持っています。バンダイナムコが持つ大きな使命は変わることがありませんが、IPやファンとの向き合い方、商品開発、ビジネスモデルなど、新しいことに果敢にチャレンジしていきたいと思います。



【ご質問】
田口社長より、次期中期計画の注力ポイントとして「新たなIPが連続して生み出されるグループとなる」というお話がありましたが、そのような考えに至った背景と、そのためにどのような取り組みを行っていくか教えてください。

【ご回答】
環境変化の早い業界において、当社グループの持続的な成長を可能にするためには、グループの最大の強みである「IP軸戦略」をさらに強固なものとしなければなりません。既存の定番IPについてはイノベーションを続けていくとともに、継続的に新規IPを創出していくことで、それが実現できると考えています。そのためには、各SBU(戦略ビジネスユニット)がそれぞれの市場に合わせ、自らIPを創出していくこと、昨年バンダイナムコホールディングス内に立ち上げた「IP戦略本部」のようにグループを横断する形で、IPの中長期的な育成・成長に向け、他社とのアライアンスを含め取り組んでいくこと、若手が多くの経験を積み、将来的な「IP軸戦略」の担い手の育成強化につなげていくことなどが重要な施策となってくると考えています。次期中期計画は、これらの考えを反映した内容にするべく、現在策定を進めておりますので、詳細の発表をお待ちください。

 IP云々は説明と質疑概要だとこの辺ぐらいですね、別段ニシッチに限った話ではないと思いますが。

追記:Twi消ししたというこれ
@mochi_wsj
バンナムエンタ大下社長:
-「ドラゴンボール」、Switch向けには(大きな追加)開発費の発生はなし。上期の本数は10万本
-来春から夏にかけSwitch専用に「3本ビックタイトルをワールドワイドに展開」
-PS、Xbox、Steam向けにも引続き。十分な開発リソースはある
 は振り返ると完全に嘘になるという認識があったから消したのかもしれません。

ソードアート・オンライン フェイタル・バレット 初回限定生産版【早期購入特典】1ゲーム内で使用できる衣装『アスナSAO衣装』のプロダクトコード (封入) 2ゲーム内で使用できる特別な武器『銀の銃』のプロダクトコード (封入) 【Amazon.co.jp限定】PlayStation4専用オリジナルテーマが手に入るプロダクトコード (配信)
・PS4 2/8 ソードアート・オンライン フェイタル・バレット 初回限定生産版【早期購入特典】1ゲーム内で使用できる衣装『アスナSAO衣装』のプロダクトコード (封入) 2ゲーム内で使用できる特別な武器『銀の銃』のプロダクトコード (封入) 【Amazon.co.jp限定】PlayStation4専用オリジナルテーマが手に入るプロダクトコード (配信)
(Amazon)
 .