46336SSummy
 欧米で好調なんですが、セガってゲーム機とAMとスマで縦割りなだけじゃなくて、ゲーム機の中でも日米欧でバラバラなんですよね。
スポンサーリンク


[セガサミーHD: 平成30年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結) / 決算短信 補足資料](pdf)

 売上高は前年同期比14.9%増の1947.06億円、営業利益は74.5%増の268.12億円、純利益は26.8%減の177.62億円となっています。

 遊技機事業が売上高883.85億円、営業利益214.49億円を叩き出しており稼ぎ頭ですね。
 セガサミーHDのトップページも北斗の拳に攻殻機動隊、蒼き鋼のアルペジオにイースとなかなかのカオスっぷりですが…

 ゲーム関連のエンタテインメントコンテンツ事業は、

 デジタルゲーム分野において、『ファンタシースターオンライン2』のEPISODE5の配信を開始したほか、スマート
デバイス向けタイトルにおきましては、『オルタンシア・サーガ-蒼の騎士団-』、『ぷよぷよ!!クエスト』等の既存
主力タイトルを中心に各種イベント等を実施し、堅調に推移いたしました。新作タイトルにおきましては、当社連結
子会社の㈱f4samuraiが開発、運営を受託している『マギアレコード魔法少女まどか☆マギカ外伝』がセールスラン
キング等の上位にランクインするなど好調に推移いたしました。
 パッケージゲーム分野におきましては、新作『ソニックマニア』がメタスコアにおいて、過去15年間にリリースさ
れたソニックの新作タイトルの中で最高評価を獲得し、好調に推移しているほか、PCゲームにおいて前作が人気を博
した『Total War』シリーズの新作『Total War: WARHAMMER 2』等を投入し、販売本数は865万本(前年同期は465万本
の販売)となりました。
 アミューズメント機器分野におきましては、プライズ機等の販売が好調に推移したほか、CVTキット『StarHorse3
SeasonⅥ FULL THROTTLE』の販売を行いました。
 アミューズメント施設分野におきましては、既存のゲームセンター業態において、プライズを中心に施設オペレー
ションの強化に取り組み、好調に推移したことから、国内既存店舗の売上高は前年同期比で101.5%となりました。
 映像・玩具分野におきましては、劇場版『名探偵コナンから紅の恋歌(ラブレター)』の配給収入を計上したほ
か、玩具において、『アンパンマン』シリーズ等の定番・主力製品を中心に販売いたしました。
 以上の結果、売上高は1,015億52百万円(前年同期比3.8%増)、営業利益は101億37百万円(前年同期比10.9%増)
となりました。

 セガサミーはデジタルゲームがオンラインゲームとスマ、DL版などはパッケージゲーム分野に分類されています。
 アニプレックスがパブのマギアレコードはセガ子会社の開発…多分売上ランキングではセガパブのものより上になっていそう。

 そして欧州でTotal Warシリーズがヒットし続けているという。

 地域別売上高と販売本数ですが、「アジア」が独立。
46336SSummy1
 既に国内の半分程度の規模感となっており、今後もアジア市場での展開が重視されていく流れとなりそうです。

北斗が如く
・PS4 2/22 北斗が如く
(Amazon)
 .